これで「彼氏欲しい」から卒業!美人に学ぶ垢抜け仕草

これで「彼氏欲しい」から卒業!美人に学ぶ垢抜け仕草

男性の目を引く仕草を実践することで、興味を引くことができる。男性は、他者よりも特別な女性らしさを持っている人に興味を持ちます。オーソドックスな美人を数人想像してみてください。

全ての方に共通する振る舞いがいくつもあることに気付くはずです。それは、美人のとるべき行動や仕草が社会的に固まっているためです。潜在的に美人の仕草として持っているイメージを、実行に移しているだけなのです。

そして、それは男性にも同じようにインプットされているので、その作法を会得することができれば、男性の興味を引くことができるのです。ここでは、「彼氏欲しい」を言葉から現実にするための仕草を紹介していきます。



 

これで「彼氏欲しい」から卒業!
美人に学ぶ垢抜け仕草

 

何をする時も脇を締めることを意識する


女性らしさの基本は、内側から外側に向かわせることです。脇を開いて動く女性を想像してみてください。どうしてもガサツそうな印象を与えてしまい、女性らしさを感じることはできませんし、美人は決してそのような動きをしません。

次に、脇を締めて動く女性を想像してみてください。手を伸ばすにしても、決して脇を開かなければ、女性らしさを感じることができるでしょう。これが女性らしい仕草の基本となるので、意識してみてください。

 

食事の作法を正しく行う


人としても大事な作法の1つである、食べ方についても大切です。食べ方の汚い美人の方は、ほとんど見たことがないと思います。ここでいう食べ方とは、マナーだけではなく、女性らしさを持ったものを指します。

その中で特に大事なことは、口を大きく開けないことです。大口を開けて食べてしまうと、女性らしさを損ないます。女性らしさは、男性らしさの反対と捉えて差し支えありません。小さな動作でゆっくり食べるように心がけましょう。

 

動作に移る呼吸をワンテンポ置く


例えば、呼ばれた時に「はーい!」と同時に走り出すような女性から感じられる女性らしさは皆無です。活発で元気という好印象を与えることはできるかもしれませんが、決して女性らしくはありません。

このような場合は、返事をしてから、ワンテンポ置いて動き出しましょう。これについても、男性らしさの逆をいく仕草と言えます。

 

視線を匠に操る


視線の動かしかたを意識したことのあるひとは少ないと思いますが、これは非常に重要です。キョロキョロと視線を頻繁に動かしてしまうと、慌ただしい印象を与えてしまい、女性として見られにくくなります。

視線は、ゆっくりと動かしてください。例えば手元を見ているところから相手の目に視線を合わせるとき、ゆっくりと視線を動かしてみてください。その仕草には妖艶さが生まれ、男性の心を掴むことができます。

 

気持ちゆっくり動く


慌てて動くと、おばちゃんっぽさを出してしまいます。日本の文化として、女性らしい動きは全てにおいてゆったりとしたものでした。そのため、気持ちゆっくりと動くことで女性らしい印象を与えることができるのです。

しかし、これは歩いているときや働いているときはその限りではありません。そこには女性らしさが必要ではないためです。座っているときなどに取り入れてみてください。

 

笑顔を作るときに声を出さない


「フフ」という声に男性は反応します。これは、笑い方から女性らしさを感じられるためです。また、このように笑うことのできている女性は非常に少ないので、実践することができれば効果が高いと言えます。

「アハハ」と大きな声を出して笑う様を男性は嫌います。皆が笑っている時に笑顔だけを作って声を出さなければ、男性の気を引くことができるのです。

 

飲み物を少しずつ飲む


彼氏を作るための手段として、飲み会が挙げられます。この場において、飲みっぷりのいい女性が女性らしい扱いを受けているのを見たことがありますか。きっと、ほとんどないと思います。

これは、飲みっぷりから連想するものが男性らしさであるため、そのような女性は男性のような扱いを受けてしまうためです。そのため、飲み物をゆっくりと少しずつ飲むように心がけてみてください。

そうすることで彼氏を作るチャンスをたぐり寄せることができます。
いかがでしたでしょうか。美人は、女性らしさを上手に操り、振舞っています。そのため、美人から仕草を学ぶことで、女子力を上げることができるのです。自分自身の振る舞いを振舞ってみてください。

男性的な動作が多いと感じた方は、改善の余地が大きいので、これらの方法を実践することでチャンスを広げることができます。女性らしい仕草を実践してみてください。

 

まとめ

これで「彼氏欲しい」から卒業!美人に学ぶ垢抜け仕草

・何をする時も脇を締めることを意識する
・食事の作法を正しく行う
・動作に移る呼吸をワンテンポ置く
・視線を匠に操る
・気持ちゆっくり動く
・笑顔を作るときに声を出さない
・飲み物を少しずつ飲む