チーズの気になるカロリーは?太らない食べ方をご紹介

チーズの気になるカロリーは?太らない食べ方をご紹介

チーズフォンデュにチーズハンバーグ、チーズグラタンにチーズケーキ。チーズを使った料理は美味しそうなものばかりですね。プロセスチーズ、モッツァレラチーズ、カマンベールチーズ、クリームチーズ、そのまま食べるのもお酒に合いそうです。

そんな美味しそうなチーズですが、気になるのはカロリーです。100gのチーズを作るにはその10倍の1kgの牛乳が必要になるのです。チーズは牛乳をぎゅっと凝縮して作っていますので、その分カロリーは高いイメージがあります。

実際、100g当たりのチーズのカロリーは、パルメザンが475キロカロリー、カマンベールで310キロカロリーあります。その他のチーズも大体が300〜400キロカロリーの間くらいです。やっぱりチーズのカロリーはお高めです。けれども、チーズを食べたいですよね。そこで、チーズの太りにくい食べ方をご紹介します。



 

チーズの気になるカロリーは?
太らない食べ方をご紹介

 

最初に食べよう


チーズはカロリーが高いので「食べたら太る!」というイメージがありますが、何でも食べ過ぎたら太ってしまします。チーズにもそれはもちろん当てはまります。チーズは分量の割にカロリーが高いですが、その分腹持ちが良いという特徴があります。

そのため、食事の際にチーズを最初に食べることで、他の食品を食べ過ぎないという効果があり、ダイエットにも使われているのです。チーズは食事の後半に食べるのではなく、最初に食べることでトータルでのカロリーの摂取量を抑えることが出来ます。

 

高品質なチーズを食べよう


脂質の成分が違ってもカロリーはそれほど変わりません。あとは吸収力の差です。チーズに含まれる脂質には脂肪に変わりやすいものとそうでないものがあります。チーズの成分もその多くが脂質です。脂肪に変わりやすいものとそうでないものを見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。

一番わかりやすいのは品質です。防腐剤や添加物などが多く入っているものほど品質は劣るようになり、手を込めて作られた純粋なものほど高品質である傾向が高いと言えます。チーズは出来るだけ高品質なものを選ぶようにしましょう。

 

時間をかけて食事をとろう


チーズの本場であるヨーロッパでは、食事にたくさんのチーズが使われています。それでも太りにくいのは、ヨーロッパの食事の習慣にあります。ヨーロッパでは、食事は家族や友人と楽しく時間をかけて食べるものです。

ワインを口にしながらゆっくりと食べる習慣があります。ゆっくりと食事を取ることで満腹中枢が刺激され、それほど量を食べていなくてもお腹が一杯になったと感じるのです。カロリーが高めのチーズを食べるときはゆっくりと時間をかけて食べることをおすすめします。

 

カッテージチーズを選ぼう


チーズはカロリーが高い食品です。冒頭でも紹介したように100gあたり、300〜400キロカロリーもあります。しかし、チーズの中にはカロリーが低いチーズも存在しています。それがカッテージチーズです。カッテージチーズは100g当たりのカロリーが105キロカロリーと、カマンベールチーズの約3分の1ほどです。

タンパク質や脂質も低くなっています。どうしてもチーズをたくさん食べたい場合はカッテージチーズを選ぶといいかもしれません。他に、モッツァレラチーズは100g当たり248キロカロリー、リコッタチーズは146キロカロリーと他のチーズと比べて低めのカロリーです。

 

炭酸水と一緒に食べよう


チーズは美味しいのでついつい次々と手を伸ばしてしまいがちです。チーズはたくさん食べてしまうと、カロリーが高いので当然太ってしまいます。そこで役に立つのがヨーロッパでよく食事のときに出てくるのが炭酸水です。

実はこの炭酸水は、太るのを防止してくれる役割を果たしています。炭酸水を飲むとお腹がふくれますよね。それが炭酸水の効果です。炭酸水は適度にお腹をふくれさせてくれるので、チーズの食べ過ぎを防ぐことにつながるのです。チーズを食べる際には隣に炭酸水を添えて一緒に飲みましょう。

 

肉や魚を控えよう


チーズは高タンパク質な食べ物です。しかも少量で済むというとてもお手軽な食品でもあります。そのため、チーズを食べているのに肉や魚など高カロリーな食品でタンパク質を補う必要はありません。

むしろ、肉や魚は控えるようにしなくてはいけません。チーズを食べる際は肉や魚を控えることで太りにくくすることができます。

 

チーズのカロリーと太らない食べ方についてご紹介しましたがいかがでしょうか?確かにチーズはカロリーが高く、食べ方に注意しないとすぐに太ってしまいます。そのため、太りたくはないけどチーズは食べたい!という人は工夫が必要になるのです。

ここで紹介したチーズを食べる際の工夫もそれほど難しくはないと思います。ぜひ、実践してその場ではおいしく、そして後々後悔しないようなチーズの食べ方をしてみてください。そして何でも、食べ過ぎは禁物です。

 

まとめ

チーズの気になるカロリーは?太らない食べ方をご紹介

・最初に食べよう
・高品質なチーズを食べよう
・時間をかけて食事をとろう
・カッテージチーズを選ぼう
・炭酸水と一緒に食べよう
・肉や魚を控えよう