部屋の掃除がしやすくスッキリ!お部屋の作り方7例☆

部屋の掃除がしやすくスッキリ!お部屋の作り方7例☆

仕事に学校、忙しい毎日でゆっくり掃除する暇がない!毎日の家事が追いつかなくて、こまめに掃除したいけれどそんなに簡単なものでない!

そんなあなたに朗報です。実は部屋の作り方ひとつで劇的に掃除や片付けがしやすくなるんですよ。生活の中で自然に掃除や片付けができる家具配置例や家具選び、こまめに掃除ができる方法があるのです。

今回は掃除のしやすいお部屋づくり例を7つご紹介いたします。



 

部屋の掃除がしやすくスッキリ!
お部屋の作り方7例☆

 

アイテムをカテゴライズできる収納づくりをしよう


片づけをする上で収納を増やすことは基本ですが、単に収納を増やせばいいというわけではありません。

片づけをすることにおいても、単に物を仕舞ってしまえばいいというわけではありません。アイテムは種類別やよく使う別などにカテゴライズし、確実に物が帰っていく収納場所を作ることが大切です。

よく使うものは取り出しやすい場所にひとまとめにして手前に、使う機会の少ないものをひとまとめにして奥になど、自分の生活をゆっくり見つめ直しながら、いかに収納していくかが重要なコツです。

 

導線を考え、自然な動作で片づけをしていける部屋にしよう


片付けをすることが面倒くさくならない部屋づくりも大切です。日常生活で必要最低限な動作がある上に、「片づける」という動作がひとつ加わると結構大変ですよね。

1つだけを片づけるならまだしも、それが複数個になってくると次第に億劫になり、気がつけばお家の中がひっくり返っている・・・・・・なんてことにもなりかねません。

帰宅からの自分の動きを考え、必要動作の「ついで」に片づけるという行動が自然に取り入れられれば、面倒くささもなく掃除・片付けが可能です。

 

掃除機の道を確保した家具の配置にしよう


掃除をする際、掃除機をかけますね。しかし便利な掃除機、一方で本体やコードが家具の間を通りにくかったり、家具と壁・床の隙間に掃除機の先端がうまく入っていかなかったり、何かと不便に感じることも多くあります。

家具を配置する際に、掃除機の通る道を確保することを考えると、掃除の時にうっとうしくなることがなくなります。

具体例を挙げるとすれば、ベッドの長辺を壁につけてしまわないこと。部屋を広く使うためにベッドは壁につけてしまいがちですが、壁との間に隙間を持たせることで掃除機の通り道を確保します。

 

床も壁もフラットな面を増やすこと!


おしゃれなインテリア特集などを眺めていると、壁にアクセサリー類をかけて飾っているのをよく目にしますが、「こまめに掃除をする時間がとれない」「どうしても掃除が面倒になってしまう」という方にはそういったインテリアはオススメできません。

掃除はフラットな方がやりやすいのは基本です。座椅子やマガジンラックなど床に直置きのものもなるべく減らして、ほこりのたまる場所をなくします。

あとは気がついたときにドライタイプのモップでさっとほこりを取ったりするだけで、忙しい日常でも簡単にお掃除ができます。

 

カーペットを敷かないこと


ほこりが多くたまってしまう原因は、生活上で使用する布製品の数々にもあります。多くをその上で生活するカーペットは、暖かくインテリアとしても重宝しますね。しかし、ほこりを出す大きな原因にもなりますし、そこを掃除機で吸おうとするとかなり大変な仕事になってしまいます。

日常で忙しく、こまめに掃除のしやすい部屋にしたいならば、思い切ってカーペットを剥いでしまうのもひとつの手ではないでしょうか。

フローリングであればドライモップでさっと拭うだけの日頃の掃除も簡単ですし、掃除機をかけるときも絡まずスイスイ、ほこりの原因も防ぐことができます。

 

皮やビニール素材の家具をチョイスする


上記でも述べたとおり家の中にある布製品は家中のほこりの大きな原因の一つです。ソファやチェアなど、素材が選べるものならば革製品やビニール製のものを選択すれば、ほこりが出るのを抑えることができます。

また皮やビニール製品ですと水分をこぼしてしまったり汚れてしまったときにさっとふき取ることが可能で、布製品のようにしみになったりすることはありませんので、きれいに保ちやすいというのもポイントです。

 

家具の配置を統一しよう


上記で「ベッドの長辺を壁につけない」と述べましたが、それ以外の家具の配置の仕方も掃除のしやすい部屋づくりを考える上で大切な要素です。

掃除機やドライモップが入りやすいように足の少し高い家具を選んだり、足のない棚を並べて置くときは中途半端な隙間をあけずに置けるよう配置の工夫も大切です。

また棚を選ぶときは扉付きのものを選ぶようにすると、棚の奥の方にほこりがたまらず、掃除のひと手間を省くことができます。

 

掃除や片付けをしやすい部屋を作る上で大切なことは、自分の生活においてたしかに必要である物をピックアップすること、そして、自分の日常生活の流れをきちんと把握しておくことです。

生活と物は密接に結びついていますので、その間に立つあなた自身がきちんとふたつの関係を結び、じょうずに、きれいに毎日を送っていきたいものですね。

 

まとめ

部屋の掃除がしやすくスッキリ!お部屋の作り方7例☆

・アイテムをカテゴライズできる収納づくりをしよう
・導線を考え、自然な動作で片づけをしていける部屋にしよう
・掃除機の道を確保した家具の配置をすること
・床も壁もフラットな面を増やそう
・カーペットを敷かないこと
・皮やビニール素材の家具をチョイスする
・家具の配置を統一しよう