大学生の恋愛が長続きする秘訣☆互いに必要な7つの気遣い

大学生の恋愛が長続きする秘訣☆互いに必要な7つの気遣い

学生時代の恋愛は、振り返ってみると人生で一番楽しい恋愛になるかもしれません。卒業していろいろ制約がある社会に入っていくと、思っていたより自由がきかず、時間もとれないため、我慢の上での恋愛になってしまいます。

自由に恋愛できる大学生だからこそ、好きな相手としっかり付き合いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。素敵な恋人ができたのだから、相手を大切に、長続きさせたいのは当たり前です。別れてまた別の相手を探して、という労力もかなりしんどいものです。

付き合っている二人が、お互い長続きするための努力ができれば理想的なカップルになれるのではないでしょうか。ここでは、大学生の恋愛が長続きできる7つの気遣いをご紹介します。



 

大学生の恋愛が長続きする秘訣☆
互いに必要な7つの気遣い

 

恋人は心のよりどころにして、刺激は別に求めましょう


付き合っていく中で、最初は知らないことも多く新鮮ではありますが、それはもちろん、時間が経てば慣れてしまうものです。新しい刺激を求めてもある程度付き合ってしまえば相手からは得られずに不満に変ってしまうかもしれません。

新しい価値観や考え方への出会いは別の場所に求めましょう。特に、大学生であるならば周りには同年代や学生ばかりではないでしょうか。自分の視野を広げる為には老若男女、年齢や職業に関係なく色々な人と出会うとよいでしょう。外で多様な人間関係を作れば作るほど、共感でき、安心できる恋人の存在も大切にできるものです。

 

金銭的な負担は最小限にしましょう


付き合っていれば、二人で外食をしたり、デートをしたりで何かとお金がかかることが多いものです。ですが、お小遣いやバイト代などにも限度があります。長く付き合う為には相手にも金銭的な心配をかけないように、お金をかけずに楽しめる工夫をしましょう。

学生のうちであれば、学割のあるスポットにでかけたり、若くて体力もあるのだから交通費を使わずに積極的に歩くのも良いでしょう。デートでは程よい疲労感も味わったほうが満足度も高くなり、二人で横並びにする会話のほうが相手の本音が聞けたりもして、思わぬ収穫もあるでしょう。

 

相手に気を遣わせないように、少しずつ歩み寄りましょう


好きな相手のためには色々と気を遣ってあげたいものです。世話を焼いたり、プレゼントをしたり、素敵な場所へ連れて行ったりなどしてあげたいことも沢山あります。ですが、自分が気を遣うよりも、相手に気を遣わせないこともとても大切です。

例えば、食事など、二人で食べ始めても男性のほうが早く食べ終わってしまうものです。相手が食べ終わるのを待っていたりすると、女性には「早く食べないと」と無用な気を遣わせてしまっていることもあります。お互いが気を疲れないように、少しずつ相手のペースに合わせることを意識していれば、二人の丁度良い間合いがみつかることでしょう。

また、相手に余裕がない時などは自分が多めにあわせてあげることも大切です。

 

恋愛と学業ははっきり線引きをしましょう


自由な時間が多い学生といっても、全ての時間をプライベートに使えるわけではありません。社会人に比べれば責任が軽いところがありますが、テスト勉強やレポート、ゼミなどはしっかりやっておかないと、将来、大きな後悔を呼ぶことになりかねません。

恋人につい甘えてしまって、上手くいかない八つ当たりなどしてしまえば、二人の関係などにもヒビが入ってしまいます。そうならない為にも、日ごろから恋愛と学業はしっかりとした線引きをして両立しましょう。

 

バイトは相手と違った職種にしましょう


バイトをする場合は、同じような職種より相手と違う仕事を選ぶと良いでしょう。相手が何をしているのかよくわからない、という具合が丁度良いものです。大学やそれ以外の時間も共有している恋人なので、社会人に比べれば一緒にいる時間も長く、とても近い存在とも言えるでしょう。

しかし近すぎると相手を疲れさせてしまうものです。恋人と離れるバイトの時間はお互い干渉しないように。同じ職種だと共通点が多い為、共感できるところもありますが、大学生という時点で共通点がすでにあります。やはり男女でも、個人でも仕事に対する考え方はそれぞれなので、共通点を増やし過ぎないようにしましょう。

 

共通の友人も多い大学生は、二人とも信頼できる友人を共有しましょう


学生という特定の立場にいると、どこか横のつながりなどからお互いの友人関係を恋人に知られてしまうのではないでしょうか。自分がどんな友人と普段からつるんでいるのか、その相手は信頼できるのかも全てお見通しです。

友人関係の誘いでも、呼ばれればどこでも、どんな相手とでも遊んでいると思われてしまうと一気に相手に不信感をもたれてしまうでしょう。恋人も近くに感じている友人関係だからこそ、信頼してもらえるような友人を傍におきましょう。

 

お互いの将来のビジョンについて、納得するまで会話をしましょう


卒業後の進路について、お互いの価値観を含めて会話をしておきましょう。男女では将来や学業に対してのモチベーションが違うことがあります。相手の考え方はそれなりに尊重して、意見が合うことがあれば、共有できるように折り合いを付けることが大切です。

自分の気持ちばかり優先せずに、長続きするような恋愛は相手の気持ちを思いやることが必要です。意固地になっているようなら解決方法も見出せません。学生であれば自分の気持ちや価値観も揺らぐことがあります。短気にならずにこまめに将来について話し、二人で上手くやれる方法を見つけましょう。

 

当たり前のようなことでも、恋愛は違う考えを持っている相手のあることなので、実行するのは難しい場合もあるでしょう。ですが、恋愛というものは、考えの違う二人が、二人だけのオリジナルの世界を作っていくものです。相手の個性的なところは尊重して、自分も自然体でいられるように、お互いが受け入れあっていけるのがベストなのではないでしょうか。

大学生は恋愛や勉強のこと、バイトのこと、友人関係や家族のこと、将来のことなど、沢山の要素が複雑に絡み合った生活を送ります。社会に出ればもっと複雑に、自分が主体的に解決しなければならない問題が増えます。恋愛はその一つの要素なわけですから、気遣いができる人間になれるよう、努力しましょう。そうすれば、幸せはきっと後から付いてきてくれます。

 

まとめ

大学生の恋愛が長続きする秘訣☆互いに必要な7つの気遣い

・恋人は心のよりどころにして、刺激は別に求めましょう
・金銭的な負担は最小限にしましょう
・相手に気を遣わせないように、少しずつ歩み寄りましょう
・恋愛と学業ははっきり線引きをしましょう
・バイトは相手と違った職種にしましょう
・共通の友人も多い大学生は、二人とも信頼できる友人を共有しましょう
・お互いの将来のビジョンについて、納得するまで会話をしましょう