デキない社員から卒業!仕事の悩みを解決する7つの思考術

デキない社員から卒業!仕事の悩みを解決する7つの思考術

仕事は自分ひとりではできません。周りとの関わりがあって成り立っています。なので仕事がデキるかデキないかという評価は周りの人間かしているという事を知らなければいけません。デキない社員と思われるには、共通の原因があります。

仕事だけではなく実は私生活でも同じ考え方や行動をしている為、お友達からもデキない人と思われています。自分がデキないと気づけた事はとても大きな気づきです。気づけなければ、いつまでもデキない人と思われて生きていかなくてはいけません。

気づいた時点であなたは変わる事ができます。どう変わるかを理解していけば、あなたの悩みは解決します。なぜデキない社員なのかという事を分析していく必要があります。自分を客観的に見ることで悩みは解決できます。自分を客観的に見て、デキる人の思考術をご紹介します。



 

デキない社員から卒業!
仕事の悩みを解決する7つの思考術

 

自分はデキない人間だと理解しよう


自分がデキない人間という事をまずは認知しない限りデキないからは卒業できません。どこが駄目なのかを友達に聞いたり、自分の思い当たる事を全て書き出します。書き出さない事には認知できませんので必ず箇条書きにして書き出します。

何がダメなのか理解できたら、どう解決していくかを考えます。箇条書きにした自分のデキない理由の横になぜダメなのか、どう解決するかを書きます。デキない自分を認知し、デキない事を知り、解決法を考える事で悩みはかなり解決へと近づきます。お友達に相談できれば聞いてみると更に解決へと向かいます。

 

いつも本気という思考を持とう


デキない人の口癖といってもいいでしょう。『本気だしたらできるんです・・・。』デキない人がうまくいかないといつも言う言葉ですす。周りの人は、本気で仕事をしてないのか!とつっこみたくなっています。

本気でしてうまくいかないのであれば周りも頑張っていたと認めてくれますし、協力もしてくれます。本気も出さずに仕事がうまくいかないなんて、周りからは軽蔑の目でしか見てもらえません。『いつも本気で』と心に思い仕事に取り組みましょう。

本気で取り組む姿は周りから見ても分かります。周りからの評価も高くなります。評価が高くなる事で自分にも自信がつき悩みが解消します。

 

自分のせいにしよう


デキない人というのはいつも言い訳ばかりしています。人のせいにして言い訳をし、人任せの仕事をします。あの人が悪いからできない。環境が悪いからできない。と自分は悪くないという考え方なのです。なので、自分のせいにできる様になりましょう。

『自分がこういう選択をしたからだ』と考えます。自分のせいにする事で、解決法も明確になります。そして、解決しなければという思考になり、責任感の強い人と周りからは見られます。自分のせいだと捕らえる事で思考が変わっていきます。

『でも』『だって』 という言葉は他人のせいにしている言葉でデキない人がよく使う言葉です。自分の非を認めて、どうするかを考えましょう。自分のせいにするように捕らえる事を癖づけする事で責任感も出て周りの評価も高くなり悩みが解消します。

 

ポジティブな考え方をしよう


今回のポジティプな考え方というのは、なんとかなるさという考え方ではなく、『自分の悪い所は直せばよくなる』『気づけて良かった』『チャンスがある』と考える事です。謙虚に受け止め、ポジティブな考え方をすれば必ず良くなる方に向きます。

今まで人のせいにしてきた原因は実はあなたがネガティブな考え方だからです。全てに対して否定的な考えだったからです。ネガティブな考えは無意識でしてしまっているので、意識的にポジティブな考え方に変えていかなければいけません。

ポジティブな考え方になる事で悩みも解消されます。

 

仲間の力を借りようと考えよう


仕事がデキない人は孤立しがちです。コミュニケションに欠けている事が多いのです。あげくのはて孤立し逆ギレしてしまう人もいます。仕事は一人ではできません。自分一人でしようとせず、仲間に相談しながら力を借りて仕事をします。

もし問題が起きても、仲間がいると諦める事なく解決へと進むように頑張れるので、一体感も生まれやりがいも感じます。できれば、あなた自身が仲間の力になれる人間になれるようになりましょう。困った仲間を見たら助けれる人間になれれば周りもあなたを助けてくれます。

仲間がいるだけで悩みは解消されます。

 

逆算思考の癖をつけよう


仕事がデキないと思われる原因の一つとして、時間足りなくて最後までできなかったなどが多く上げられます。仕事を進めながら順に仕事をしていくと、最終的に時間が足りなかった。これはスケジュールをうまく組めない為であり、スケジュールをうまくとると解決できます。

仕事をうまくこなすには逆算思考の癖をつけるのが一番です。逆算思考はまず目標を先に決めます。そこから逆算してスケジュールをたてていく方法で目標は決まっていますから仕事が完成するのは決まっているという事なのです。もし、進めていく段階で計算外の事があっても、目標が決まっているので、またスケジュールを変えていけば目標にたどり着くというわけです。

 

仕事は感謝の気持ちを持って取り組もう


デキない人の考え方は『働いてやってる』と自分が上の立ち場の考えの為、不満ばかりが積み重なっていきます。『仕事を会社から頂いている』と受身になり会社に感謝する事で仕事に対する姿勢が変わりま。
働いてやってるという思考では、周りのせいにして、無責任な仕事しかしません。

感謝の気持ちで仕事を受けてしていれば、一つ一つの仕事を丁寧にこなし、責任を持って最後までやり遂げます。責任を持った仕事をする事で自分にも自信がつくため、ちょっとした事で悩む事もなく解決する方向へ考えるので悩みも解消されます。

 

ネガティブな考え方を辞めちょっとした思考を変えるだけでダメな社員を卒業できるというのがお分かり頂けたと思います。自分の考え方がダメだと受け入れるだけで、かなり変わります。仕事だけでなく、プライベートでもかなり周りへの影響があります。

考え方を変えて周りから信頼できる人になれる様に意識的に取り組んで、周りからデキる人と思われる人間に生まれ変わりましょう。

 

まとめ

デキない社員から卒業!仕事の悩みを解決する7つの思考術

・自分はデキない人間だと理解しよう
・いつも本気という思考を持とう
・自分のせいにしよう
・ポジティブな考え方をしよう
・仲間の力を借りようと考えよう
・逆算思考の癖をつけよう
・仕事は感謝の気持ちを持って取り組もう