デスクトップの整理法!スッキリした画面を保つ7つの裏ワザ

デスクトップの整理法!スッキリした画面を保つ7つの裏ワザ

パソコンで作成した書類を保存するのに「とりあえずデスクトップに保存」をしてしまいませんか?そして気付くとデスクトップがファイルだらけでなにがなんだかよくわからない状態。よくありますよね。非常によくわかります。

確かに、デスクトップに保存すると制作途中のファイルを起動させやすいので便利ですよね。その反面、デスクトップがごちゃごちゃしてお目当てのファイルが探しにくくて困ってしまいませんか?

そんなお悩みを抱える方に、デスクトップをスッキリした画面に保つ裏技を7つお伝えします。



 

デスクトップの整理法!
スッキリした画面を保つ7つの裏ワザ

 

その1:4つのフォルダに集約する


デスクトップを整理するためには、もちろん細かくフォルダ分けされているのが一番ですが、もっと簡単にフォルダ分けする整理法をお伝えします。

それは、デスクトップには4つのフォルダのみ置いておく方法です。「INBOX」フォルダ、「OUTBOX」フォルダ、「作業中」フォルダ、「保管庫」フォルダです。

「INBOX」フォルダにはダウンロードしたファイルや新しく作成したファイルを保管するとりあえずフォルダです。「OUTBOX」フォルダには、一時的に別名保存したファイルや、PDF化したファイルなどを保管します。このフォルダに保存したファイルは削除可能なものです。「作業中」フォルダ、「保管庫」フォルダは読んで字のごとくです。

 

その2:デスクトップ背景をメッセージボード風にする


デスクトップの背景をメッセージボードのようにして活用しましょう。今日やらなければいけないエリア、とりあえず保管するエリア、のようにデスクトップを本当の仕事机のように使ってみましょう。すると自ずと整理整頓するくせがついてきますし、必要な資料がどこにあるのか探す手間が省けます。

メッセージボードの背景はコルク調、木目調など色々なデザインがネットで無料でダウンロード可能なのでぜひ探してみてください。

その3:デスクトップ整理ソフトを使う


デスクトップ整理用のツールは様々出ています。例えば「ViPad」や「Fences」はジャンルごとにデスクトップに囲いを設けてくれるので、目的別にまとめることができます。ドラッグ&ドロップするだけという非常に楽な方法です。

グループごとにカラーリングして視覚的に見やすくする「Sideslide」というソフトもあります。Macチックにアイコン整理ができる「ObjectDock」も人気が高いです。自分に合った整理ソフトを探してみてはいかがでしょうか。

 

その4:デスクトップのクリーンアップを行う


ウィンドウズですが、デスクトップ上の使っていないアイコンをクリーンアップしてくれる機能があります。

デスクトップから右クリックでプロパティを選択します。画面のプロパティからデスクトップのカスタマイズをクリック。すると「デスクトップをクリーンアップする」という機能が使えます。この機能は単純に使っていないファイルをひとまとめにするものなのですが、デスクトップ上に1つファイルを作って、あまり使っていないファイルをそこにまとめてしまうのも1つの方法です。

そして、時間があるときに使われていないファイルフォルダを定期的に整理しましょう。

 

その5:外付けハードディスクを活用する


デスクトップにファイルを溜め込むと、パソコン本体の起動が遅くなるというデメリットがあります。あまり使っていないファイルをフォルダにまとめて保管するだけでは本当に整理したことにはなりません。

とは言え、忙しいし細かく整理する暇なんてない、という方は外付けハードディスクを活用することをおすすめします。コンパクトなものでも1TB以上の容量を持つハードディスクが主流です。そこにまとめてデータを移してしまいましょう。パソコンが整理され、動作も良好になるはずです。

 

その6:アイコンの配置は決めた場所に


アイコンを置く場所を決めておきましょう。常にデスクトップに配置しておくフォルダのアイコンの置き場所を決めておくと、決められた場所に目的外のファイルが配置されると気になってきます。

デスクトップへの保存を行う際の自動的な配置では、新しいファイルは隙間に勝手に配置されてしまいます。これが気になってしまうので、決められた配置に置きたくなってきます。デスクトップを少しずつ整理するコツの1つです。

 

その7:壁紙をモチベーションにする


デスクトップの壁紙をカッコいい車、バイク、好きなアイドル、子どもなど好きな写真を使っている人をよく見かけます。デスクトップが整理できていなければ、それらの写真を楽しむことができませんよね。好きな写真を眺めることをモチベーションにデスクトップの整理を行いましょう。

一方、好きな写真なんて特にないという方は、適当な写真を使うのではなく、なるべくノイズの少ない壁紙を使うようにしましょう。シンプルな背景を用いることでごちゃごちゃするとすぐ目立つようになります。

 

デスクトップをスッキリとした画面に保つ方法を7つお伝えしましたがいかがでしょうか。

細かいフォルダ分けはかえって時間もメモリも食ってしまうので、出来るだけシンプルな整理方法を実践することをオススメします。

 

まとめ

デスクトップの整理法!スッキリした画面を保つ7つの裏ワザ

その1:4つのフォルダに集約する
その2:デスクトップ背景をメッセージボード風にする
その3:デスクトップ整理ソフトを使う
その4:デスクトップのクリーンアップを行う
その5:外付けハードディスクを活用する
その6:アイコンの配置は決めた場所に
その7:壁紙をモチベーションにする