人生どん底・・・と思ったときにおすすめの7つの映画

人生どん底・・・と思ったときにおすすめの7つの映画

失恋、退職、離婚、、、。人生どん底、、と思う瞬間は人生に何度かありますよね。大人になっても辛い気持ちは変わりません。でも他人に相談して同情されるのもちょっと気が引ける、、。

そんな時はビールとポップコーン、そしてハンカチを用意しましょう。部屋を暗くして人生勉強に映画を観る事をおすすめします。

映画には数時間で自分の人生を変えてくれる秘密がいっぱい詰まっています。おおいに笑っておおいに泣きましょう。そして元気を取り戻して下さい。

今回はあなたの人生を復活させるオススメの映画を7つ、ご紹介しましょう。



 

人生どん底・・・と思ったときにおすすめの7つの映画

 

『レ・ミゼラブル』
余りにも無情な世界と、素晴らしい音楽


ささいな罪で19年も刑務所にいた怪力の持ち主ジャンバルジャン。仮釈放されても世間は彼に冷たく過酷な状況は変わりません。ついに老司教の銀食器を盗みますが、司教の慈悲に触れ改心を決意。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌと知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。そんなある日、偽物のバルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

いやあ音楽が素晴らしい!素晴らしい内容に心が震えるには音楽の効果も大きいですね。登場人物の誰にあなたは親近感を抱くでしょうか。人生は不可思議だけど、希望はある。元気をもらえる映画です。

 

落ち込んでてもしょうがない!笑える『キック・アス』


コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ。ひそかに自分は変われると中2病の真っ最中。ついにインターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始めようと企みます。しかし非力な彼はあっさり町のチンピラのターゲットにされますが、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で一躍有名になってしまのですが、、。

面白い!単純に笑えます。能力は高いのになぜかさえない親父役のニコラスケイジがいい味だしてます。この映画を観たあと、あなたも絶対コスプレをやってみたくなるはず。仮面をつけて、自分の人生を再チャレンジして下さい。

 

障害を抱えながらの努力に、何かを感じるかも。『50回目のファースト・キス』


ふと立ち寄ったレストランで素敵な女性と出会った主人公。翌日も彼女に会いに行きますがなぜか自分を覚えておらず、周りの人達の反応も冷ややかで、、、。

交通事故で一晩眠ると前日の記憶が消えてしまう女性と、そんな彼女に恋をした男性の物語。この“前向健忘”と呼ばれる記憶障害を抱えるルーシーを、彼女のハートを掴むために毎日ゼロからのアタックを繰り返す獣医の努力にあなたは太刀打ちできますか?彼女をとりまく家族の努力に頭が下がります。これこそ人生毎日が努力!と教えてくれる作品です。

 

カフカ的な暗い世界観『第9地区』


ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現します。攻撃もしてこない彼らと人間は、共同生活をすることになるのですが、彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立て始めた途端に……。

宇宙人はバルタン星人?とツッコミをいれたくなりますが、後半からだんだん笑えない状況になります。カフカを読んでる人ならこの恐ろしさがわかるはず。でも最後まで愛する気持ちを忘れない主人公。この映画を観ればあなたも最後まで戦いたくなります。

 

ひたすら立ち向かう男の姿
『ロッキー』


説明不要、シルベスター・スタローンの大出世作にして、彼の自伝とも言える作品。「絶対にあきらめない!」ロッキーが偉大なのは、アポロと対等に戦ったからではありません。自分を信じて諦めなかったからです。努力は必ず報われます!

でもタラ〜ラ〜の音楽を耳にするとなぜか生卵を飲むシーンが再現されてしまう。あれを飲めるだけでも凄いです、、。

 

オタクでも良い、でも超頑張る!
『電車男』


オタクでモテない歴=年齢の男性が、電車の中で酔っ払いに絡まれた女性を助けてお礼を言われた事を2チャンネルに書き込み、さらに数日してから、助けたお礼にティーカップが届けられたという書き込みをしたために、それを読んだモテない人種が炎上して様々な恋愛アドバイスが書き込まれ、、、。

面白いです!一時期秋葉原の救世主とあがめられた作品です。オタクでなくても、この真摯で誠実な恋する男子を応援したくなる気持ちがわかります。あなたもこれぐらい努力すれば、人生逆転を狙えますよ!

 

年齢なんて問題ではない、と思わせる映画『グロリアの青春』


南米のチリで暮らす58歳のグロリア。離婚しているものの、自分のキャリアも子供達との仲も良好。中高年の集まるバーで素敵な紳士と恋におちますが、、、。

いやあ、南米の国って、中高年になっても熱い国なんですね。58歳の女性が、20代の女性同様に恋愛にひたむきに向かう姿に、最初はイタイと感じましたがラストで大笑い。やっぱり女性は強い!と勇気を貰える作品です。落ち込んでるあなた、ぜひグロリアを見習いましょう♡

 

いかがですか。どれも見終わったあとに元気を貰える作品ばかりです。ここで紹介しなかったものの、不朽の名作「風とともに去りぬ」の主人公の言葉でしめくくりましょう。

皆さん落ち込む事はありません。そう、「明日には、明日の風がふくのだ」。

 

まとめ

人生どん底・・・と思ったときにおすすめの7つの映画

・『レ・ミゼラブル』
余りにも無情な世界と、素晴らしい音楽

・落ち込んでてもしょうがない!
笑える『キック・アス』

・障害を抱えながらの努力に、何かを感じるかも。
『50回目のファースト・キス』

・カフカ的な暗い世界観『第9地区』

・ひたすら立ち向かう男の姿!『ロッキー』

・オタクでも良い、でも超頑張る!『電車男』

・年齢なんて問題ではない、と思わせる映画
『グロリアの青春』