友達いない女と言われていた私でも超社交的になれた7つの方法

友達いない女と言われていた私でも超社交的になれた7つの方法

新入学、新入社など、人生の節目には新しい場所で生きていくことをたびたび求められます。そんな時、人との会話や付き合いなどのコミュニケーションに積極的になれないでいると新しい環境がつらくなってしまいます。そうならないために社交的になりたいけれど、どうすればよいか分からないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

今回は社交的になるための方法をご紹介いたします。これから新しい場所で暮らしていくあなたや、これからたくさんの人ともっと積極的に付き合っていきたいあなたのお役にたてれば幸いです。



 

友達いない女と言われていた私でも
超社交的になれた7つの方法

 

その1:自分から話しかける


社交的になれない、自分から話しかけることのできない人の中には「自分から話しかけるのは怖い」「冷たくされたり無視されたりしたらどうしよう」とマイナスな方向に思考をめぐらせてしまう人も多いようですが、そういう時こそ相手の立場に立ってみてください。あなたが相手の立場だったとき、友好的に話しかけてくれた人に対して冷たい態度をとったり、無視したりなどするでしょうか? そんなことはないでしょうし、相手もそれと同じです。

怖がる理由などないのですから、どんどん友好的に話しかけていきましょう。

 

その2:キャッチボールを意識する


交流に必要な会話というのは受け身でいてばかりでは始まりません。かといってこちらから相手に矢継ぎ早に問いを投げかけ続けているばかりでもいけません。

こちらから投げたら相手が投げ返してくれるのを待ち、相手にも話題の第一投目を投じてもらう。「自分のクエスチョン→相手のアンサー→自分のクエスチョン」というように会話の流れやイニシアチブがどちらかに偏らないよう、球の流れを意識して会話のキャッチボール・コミュニケーションをしていくことが社交的な会話をする大切なステップです。

 

その3:相手を否定しない


世の中には色んな考えの人がいます。とある事柄についてあなたとまったく同じの考えを持つ人、全く異なる考えを持つ人、半分だけ同じ考えを持つ人……。あなたの考えが正解ですべてではないのです。もっと言うと、正解なんてありはしないのかもしれません。ですから相手の考えを否定せず、自分の考えも含めて全部正解の一部としてまずは肯定しましょう。

自分以外の人の考えを自分の中に吸収していくことで身近なところから見聞が広がり、どんな人とでも主観と客観両方の目を以て冷静に接していくことができるはずです。

 

その4:はじめの一言を大切にする


交流には第一印象が大切です。対話をし続けることをずっと先まで考えていくことは太く長い勇気が必要ですがそれだと肩が張って疲れきってしまいますので、全く読めない先の会話のことまで考えるのはやめにして、まずは第一声にだけ自分の「一番いい」を込めましょう。

まずは「おはよう」から。元気よく、笑顔で、はきはきと、大きすぎず小さすぎない声で、きちんと相手に届くように。1歩が踏み出せれば、会話の歩道は相手も一緒に動かしてくれます。

 

その5:相手に興味を持つ


先の項目で「コミュニケーションに対して受け身ばかりであってはならない」と述べましたが、自発的になるためには相手に興味を持つことが大切です。

その人はどんな性格なのか、何が好きなのか、何が苦手なのか、どんなことに興味があるのか、相手に関心をもち、相手の好きなものが自分の聞いたことのないものだったら、それも訊いてしまっても構いません。それがコミュニケ―ションの糸口にもなりますし、自分もまたひとつおりこうさんになれますね。

 

その6:社交的な人の振る舞いをお手本にする


社交的とは人と積極的に対話したりつきあおうとする態度や性質であるさまを言ったり、人との付き合い方が上手な様子を指しますが、それだけでは何が上手で何が上手でないのか、いまいち不明瞭な点もあります。そんな時は自分が「この人は社交的だなあ」と感じるすべての人をあなたの先生にしてしまいましょう。

身近にいる友人や近所のお店のスタッフ、小説やドラマの登場人物、テレビに出ているタレントさんなどどんな人でも構いません。「この質問はこういう風に訊いていけばいいのか」「この受け答えは清々しい」など、「いい!」と感じたものは積極的に自分のコミュニケーションに導入していきましょう。

 

その7:社交的な人と友達になる


孤軍奮闘で交流をはかっていくのがこわい時は、自分が「社交的だ」と感じる人とまず友達になり、その人には正直に「あなたのように社交的になりたいがどうすればいいか分からないので色んな人と一緒に居させてほしい」と相談と欲求を素直に告白しましょう。あなたの本気の悩みと向上心を真摯に伝えれば、悪い気になる人はいないでしょうから、その子と一緒にいろんな人と触れあっていきましょう。

感謝する気持ちと、あなたが着実に前に進んでいくことと、周りのすべてを大切にする気持ちがあれば大丈夫です。

 

社交的、とひと口に言ってもそのコミュニケーションには朝の挨拶から日常の会話、ちょっとすれ違った時のやりとり、食事のお付き合いまで広く幅があります。まずは日常に密接に関係した小さくて大きなところから。少しずつ交流に対して踏み出すためのエネルギー消費を少なくしていければ社交的作戦は大成功ですよ!

 

まとめ

友達いない女と言われていた私でも超社交的になれた7つの方法

その1:自分から話しかける
その2:キャッチボールを意識する
その3:相手を否定しない
その4:はじめの一言を大切にする
その5:相手に興味を持つ
その6:社交的な人の振る舞いをお手本にする
その7:社交的な人と友達になる