ふくらはぎを細く見せるための7つの姿勢・歩き方

ふくらはぎを細く見せるための7つの姿勢・歩き方

普段の過ごし方が原因で実はふくらはぎが太くなってしまっているのをご存知でしょうか?普段の過ごし方が原因という事は、その事に気をつければ自然とふくらはぎが細くなるという事ですね。ダイエットしてるのにふくらはぎだけがどうしても細くならないという経験ありませんか?

足は毎日動かしています。なので自然と筋肉は発達します。ヒールを履くと足が細く見えるというのをよく聞きます。もちろんヒールを履くとふくらはぎは引き締まる効果がありますが、高いヒールを履くとふくらはぎのヒラメ筋と呼ばれる筋肉にかなりの負担をかけます。

高いヒールの靴は、不安定で筋肉をたくさん使ってしまいます。そして靴が合わないというのと相乗効果になってしまい、更に筋肉を鍛えてふくらはぎが太くなる原因になります。高いヒールはふくらはぎを太くするだけでなく、無理をした体勢になるため、膝が伸びずに曲がった歩き方になり、猫背にもなるため、姿勢も歩き方も悪くなってしまいます。

正しい姿勢で過ごしていなければ、それは習慣となってしまい、自分では気づかないうちに、毎日筋肉を発達させてしまっている事になります。姿勢や歩き方など、毎日の過ごし方が原因でふくらはぎが太くなってしまっているという事を知って、ふくらはぎを細く見せる姿勢と歩き方をご紹介します。



 

ふくらはぎを細く見せるための
7つの姿勢・歩き方

 

毎日履いている靴が合っていない


靴やハイヒールを選ぶ時に注意が必要です。自分の正しい靴のサイズを知る必要があります。足の指5本がしっかりと伸びて履ける事が重要です。足のサイズは幅も重要です。店員さんに正しいサイズを測ってもらいましょう。

ヒールはふくらはぎを引き締めますが、ヒールが高ければいいというものではありません。長時間履くには高すぎるヒールは適していません。ヒールは5センチから7センチの高さのものが最適です。自分の足にあった靴を履くと膝は伸び、無理な姿勢をしないため、背筋が伸びます。

毎日履く靴を変えるだけで姿勢と歩き方が美しくなり、そしてふくらはぎを細く見せてくれます。

 

歩き方が間違っている


歩く時に、ちゃんとかかとから降りていますか?ペタペタバタバタと歩いていませんか?毎日何千歩と歩いています。その歩き方がペタペタバタバタと間違った歩き方をしていると、歩いているだけでふくらはぎのヒ腹筋が発達してしまいます。

かかとからしっかり降ろして歩くと、ふくらはぎの筋肉が伸び縮みをするので、無駄な筋肉がつかず、むくみもとってくれるので、ふくらはぎが細くなります。ペタペタ歩く姿勢はどうしても身体をゆらしながら歩き、姿勢も悪くなってしまいます。しっかりと、かかとから降ろして歩く事を意識して歩くことで美しい姿勢で歩けるようになります。

 

ひざの裏を伸ばそう


まず、鏡の前に横の姿になるように立ってみてください。真っ直ぐに立って、ひざが曲がっていませんか?そう。ひざが前に出ていると曲がっている状態です。ふだんはあまり意識していない盲点なんです。
特にヒールの高い靴を履くとひざの裏が伸びない方が多いのです。

ひざを伸ばして歩く事を意識をして歩くと自然と背筋が伸びるので姿勢がよくなり細くて綺麗に見えます。ひざの裏を伸ばす方法としては、テーブルや椅子にかかとをのせてひざ裏をストレッチします。自分に合った高さで無理なく上げれるものでストレッチをしましょう。

 

身体の重心を正しくしよう


立っている時や歩く時に身体の重心が前後左右に傾いている場合があります。正しいバランスで保っている人の足は余計な筋肉がつく事がありません。傾いているかどうかををチェックするには靴の裏の減り方で分かります。

靴のかかとが左右どちらかが減っていたり、後ろが減っていたり、つま先が減っていたりで身体の重心の傾きがわかります。頭の上から紐でつられている様に意識をして背筋を伸ばして歩くと重心が真ん中になります。

モデルの方がよく本を頭に乗せて歩いているのは、重心を真ん中にして歩く練習なのです。重心が真ん中になれば姿勢は姿勢が自然に良くなり綺麗な歩き方になり、膝下が長く見えるのでふくらはぎが細く見えます。

 

無意識の習慣に少し意識してみよう


いつも足を組んでしまう。立っている時に、どちらかの足に重心をのせて立っている。身体を冷やすものを食べてしまっている。こういった無意識の習慣で足がむくんでしまいます。座り方一つで骨盤がゆがみ足が太くなってしまいます。

むくみは、血行の悪さから引き起こされます。血行が悪くなりふくらはぎがむくんでしまいます。この無意識の習慣を意識して足を組まないようにしたり、姿勢よく座るようにするだけで、むくみを解消しふくらはぎを細くしてくれます。

 

ヒップアップでふくらはぎを細くみせよう


実は姿勢が悪くて猫背になるとお尻が垂れ下がった状態になってしまします。そしていつの間にかケツモモと言われるお尻と太ももの境目がわからなくなる状態になってしまいます。ヒップアップにはさまざまな方法がありますが、毎日の習慣でヒップアップさせには、外出の時に履く靴のかかとの高さが5センチから7センチの靴を履いてすごします。

先にも言いました様に、指がしっかりと伸びる自分に合った靴をはかなければ意味がありません。自宅ではかかとのないスリッパやエクササイズスリッパという便利なグッズがあります。毎日歩くだけで、ヒップアップされて姿勢が良く見えます。姿勢が良いとお尻が上がりメリハリのある身体になりふくらはぎが細く見えます。

 

筋肉をつけやすいスポーツに注意しよう


テニス・バスケットボール・ソフトボール・サッカー・バレーボールがあげられます。これらのスポーツは足の外側の大きな筋肉を使うので、どうしても足が太くなってしまいます。現役のスポーツ選手の方がふくらはぎを含める足を細くするのは、少し困難ですが、筋肉は使わなければすぐに落ちてしまいます。

筋肉はすぐに落ちるので、現役を引退されてから、ふくらはぎを細くするのは可能です。スポーツ選手の場合、姿勢や歩き方がとても重要ですので、スポーツをしなくなると自然に細くなる方が多いと思います。趣味でスポーツをされている場合は、自分に合った靴選びと姿勢に気をつけていれば間違った部分に筋肉はつかないので健康的な脚になります。

 

いかがでしたかか?毎日なにげなくしている事がふくらはぎを太くしてしまっている原因になっているなんで驚きですよね。でも、姿勢を正しくして歩いたりと、ほんの少し意識するだけでふくらはぎを細くしてくれます。ご自分の美脚の理想のサイズを知って、足を細くする目標を決めましょう。

太もも:身長(cm)×0.3
ふくらはぎ;身長(cm)×0.2
足首:身長(cm)×0.12

 

まとめ

ふくらはぎを細く見せるための7つの姿勢・歩き方

・靴が合っていない
・歩き方が間違っている
・ひざの裏を伸ばす
・身体の重心を正しくする
・無意識の習慣
・ヒップアップでふくらはぎを細くみせる
・筋肉をつけやすいスポーツに注意