英語は初級レベル…そんな私でも外国人の友達に囲まれる7つの理由

グローバル社会に英語は必須。日本でも、会議中は日本語厳禁!なんていう会社も出てきましたね。しかしフツーに暮らしていると、日本ではなかなか英語は使う機会が少なく上達しません。

「それでも外国人の友達が欲しい!」というあなた、案外簡単にその夢が叶うのをご存知でしょうか?

英語を話せなくても外国人の友達は作れます!今回は英語が初級レベルでも、外国人と友達になれる7つの方法をご紹介しましょう。



 

英語は初級レベル…
そんな私でも外国人の友達に囲まれる7つの理由

 

外国の人と一緒に飲もう!


しょっぱなからハードルが高い!と思ったあなた、大丈夫です。行ってみればわかりますが、外国人がよく行くいわゆる外人バーは、日本人と外国人の割合は大体半々です。

サッカーや野球のテレビ放送のある日は特にオススメ。ファンが集まってバーでみんなでテレビを観ながら盛り上がってますから、あなたもすんなり溶け込めるハズ。

特に外国人がよく行くバーが沢山あるのは、六本木、恵比寿、目黒周辺あたり。ネットで検索すると、「〜ナイト」や「〜デー」等のイベントも豊富です。その日に行くと外国人初参加者も沢山!お友達を作るチャンスです。

酔ってしまえば、言葉は入らない!ボディランゲージとジェスチャーでなんとか伝わるもの。お酒の力を借りて、世界中の人と友達になりましょう♡

 

自治体のイベントに参加しよう


都内では各自治体が区内に住む外国人向けの情報を発信しています。医療の受診方法からゴミの出し方まで、日本で暮らす外国人に分からない事は沢山ありますよね.自治体によって曜日や回数は違いますが、「日本語教室」や「区の交流パーティに参加しませんか?」という呼びかけがあります。

ボランティア登録制度や日本語教師登録もさかんで、「外国人に習うお料理教室」を開催している区では毎回定員オーバーする盛況ぶりだとか。お互い片言の会話でも、何となく雰囲気は伝わりますよね。

まずは笑顔で挨拶から。無料の場合が多いので、是非気軽に参加してみて下さい。

 

シェアハウスに遊びに行こう


浅草界隈、下町には数多くのバックパッカー御用達の安宿があります。それはそれで楽しいのですが、初めての方には敷居が高いかも。

そんな人にオススメなのが、最近大流行のシェアハウス物件。もともと外国人は大学の寮生活等で、他人と部屋をシェアするのに慣れています。議論やパーティが大好きな彼らはシェアハウスにも好意的。最近のシェアハウスは夕方限定でリビングをカフェとして解放していたり、パーティのイベントをネットで呼びかけたりと、とてもフレンドリー。

もちろん気に入ったら、空き部屋があればそこに住めますから、外国人の友達を作るには一石二鳥かもしれませんね。

 

カウチサーフィンに登録しよう


「カウチサーフィンを利用して世界中をタダで泊まり歩いた!」という人、ジワジワと増えているようですよ。カウチサーフィン (The CouchSurfing Project) は、インターネット上の無料国際ホスピタリティー・コミュニティーであり、現在世界で最も大きなホスピタリティー・エクスチェンジ・ネットワーク。

具体的には海外旅行などをする人が、タダで他人の家に泊まらせて貰うシステム。基本無料という事になっています。知らない人のお宅に泊まるので、申請時には身分確認のためのクレジットカードが必要ですが、本質は思いやりや信頼によって成り立っている制度です。

コミュニティーを軸にしたウエブサイトにて、プロフィール、身分確認制度、メンバー同士の評価等により、世界各地のメンバー間で連絡を取り相談の上で宿泊が決まります。

現在200か国に130万人のメンバーがいて、日本で登録しているメンバーは1300人程度。ここに登録するだけで、あなたの所のカウチ(ソファ)空いてる?という問い合わせが沢山来るかも。自分で条件を書き込めますから、駄目な時は勿論断ってOK。

夏休みや自分がヒマな時、ちょっとやってみるのも世界が広がりそうですよね。

 

外国料理のお店で働こう


イタリア、フランス、ドイツ、トルコ、中国、韓国、ブルガリア、、。日本ほど国際色豊かなレストランがひしめき合っている都市は、世界広しといえども、かなり珍しいでしょう。治安も良く、仕事の待遇も悪くない日本では、まずレストランか英語教室でバイトする、というのが外国人の定番の考え。

各国のレストランでは、必ず外国人が働いているか、オーナーが外国人です。あなたがそこで一緒に働く事で、外国人の友達と同僚をいっぺんに手に入れられます。

食べ物って人をつなぐ大きなきっかけになりやすいモノ。そこで働けば、自分の大好きな国の料理をまかないで食べられるかもしれませんよ。

 

積極的に話しかけよう


英語圏のネイティブよりも、英語を使わない国の人が話す英語のほうが、なんだか聞き取りやすくありませんか?SNSにより世界が近くなった現在、英語がしゃべれない、でもコミュニケーションしたい、という事はもはや切実な問題です。

お隣の韓国では国をあげての熱心な英語教育のおかげで、TOEICのスコアは日本人よりも高い点数を取っています。特に英語の能力が給料に直結される人達は、とにかく外国人がいると話しかけて来ます。あいまいなジェスチャーで誤摩化さず、簡単な単語だけでも会話を成立させる積極性は見習うべきでしょう。

あなたと話したい!という熱意のある人は、外国人も大歓迎ですよね。

 

共通の趣味があると、ハードルは難なく越えられる


日本の”KAWAII”はもはや共通語になりつつあります。日本の芸能人やアニメは海外でも大人気。
ジャカルタでもAKBは大人気だってご存知でしたか?共通の趣味に言葉はいりません。コンサートやスポーツ観戦では「好きか嫌いか」だけが友達のポイント。

一緒に盛り上がれれば、みんなフレンドリー。日本古来の茶道や柔道も外国人が興味のある分野です。日本料理を習いたい外国人も沢山いるとか。趣味を通じてお友達になると、お互いに自然に会話も上達しますよね。

 

いかがですか。わざわざ英会話教室に行かなくても、外国人と友達になるチャンスは沢山あります。とにかく笑顔、そして積極的に話しかける事。「Are you OK?」の一言が外国人にとって嬉しい事が沢山あるハズ。

あなただって、外国に行ったら友達が沢山欲しいですよね。ぜひこの7つの方法を使って外国人の友達をゲットして下さいね!

 

まとめ

英語は初級レベル…そんな私でも外国人の友達に囲まれる7つの理由

・外国の人と一緒に飲もう!
・自治体のイベントに参加しよう
・シェアハウスに遊びに行こう
・カウチサーフィンに登録しよう
・外国料理のお店で働こう
・積極的に話しかけよう
・共通の趣味があると、ハードルは難なく乗り越えられる