できない上司にイライラすることを止めるべき7つの理由

できない上司にイライラすることを止めるべき7つの理由

上司に業務能力がなく、部下にしっかりした指示ができなかったりしてはイライラするのも無理がありません。上司が自信過剰なタイプで、不能にかかわらずマイペースで進んでもやりづらいものです。

部下がいくら上司に対して不満を感じていても、ランク制度の社会では我慢して耐えるしかありません。部下はイライラする環境で不器用な上司と歩調を合わせていかなければいけませんが、いざという時は多少のアドバイスを上司にすれば改善することもあります。

確実にそのアドバイスが上司のためになるなら、積極的に申し出れば部下のイライラするストレスが減少するでしょう。このようなできない上司に対してイライラをストップさせる7つの理由をご紹介します。



 

できない上司にイライラすることを
止めるべき7つの理由

 

仕事はおぼつかないけど、心は優しい


上司のおどおどした仕事への姿勢は、部下を不安にさせます。小さなことを手際よくオーガナイズできず、顧客とのやりとりもスムーズにいかなかったりします。野心的な部下にとっては将来的な会社の成長はもちろん、自分の功績などに疑問が生じてきます。

しかしそんな上司の中には社員に思いやりのある人もいます。イライラすることを抑えることができるのは、部下へのそんな優しい心使いのできる上司がいるからです。部下をお構いなくコキ使わずに、たまに食事に誘ったりできるだけ残業などをなくし、社員をいたわる精神で欠点をカバーできます。

 

部下のミスを責めないのは、上司が下手に出ているから


上司の指示不足で起こったミスとは関係なく、部下の不注意で生じた責任を文句を言わずにとってくれる上司は貴重な存在です。上司が下手に仕事をしているなら、イライラする代わりに心からアドバイスをしてあげることです。部下が犯した過ちを責めない上司を尊敬しましょう。

部下を落ち込ませずに立ち直す勇気を与える上司は、部下を成長させる技を秘めています。

 

部下を尊重する上司は貴重な存在、と改めよう


部下の都合を考えずに自分の要件を押しつける上司がいます。自分の仕事の不備なやり方はさておき、社員の仕事のリズムを妨害しては仕事の進行は悪化してしまします。たとえ上司が無能なタイプでも相手を尊重する態度を示せば、部下のイライラする感情も和らぎ協調性のある環境で働く事ができます。

上司だと言って優越感を持ったりせずに、部下の意向を尊重することで誰もが好感をもってくれます。

 

社員に対する同等な扱いを求めよう


仕事上で社員を平等に扱うのは会社のみだけではありません。特定の社員をえこひいきしたりしては、他の社員がイライラするのも無理がありません。多少の誤差で社員を良し悪し判断しては、部下の功績をあげることにも支障がでてきます。

偏った判断で社員を不平等に扱っては、社員からの信頼は稼ぐことができません。会社の業績を上げるためにはできる上司のほか、信頼のおける上司がいることが必要です。

 

上司の育った環境を聞き出してみよう


仕事場では頼り難い上司としてレッテルを貼られがちですが、どうしてこのように不器用なのかイライラする前に、上司のバックグラウンドを知ることで上司に対するイライラを緩和することができます。それぞれの子供が育つ環境はその後の人生に大きな影響を与えます。

親から人生によき見本を見せてもらえなかった家庭では、賢い人生の歩み方が習得できません。また上司自身計画性がなかったり、競争心に欠けたタイプとも考えられます。上司が頼りなくとも一生懸命仕事に取り組んでいるなら、イライラする必要はないでしょう。

 

会社の報酬・待遇が良いのが支え!ならば


上司がしっかりしていないけれども、報酬や待遇が良いと上司の不能にイライラすることが我慢できます。上司との仕事がやりづらくでも同僚とのコラボで、上司の行き足りない部分はある程度補うことができます。

イライラする度に”あと何日で給料日〜!”、”来月有休をとってバカンスに行く!”など、行き詰まった日常に刺激を与えましょう。仕事に本格的なキャリアを期待していない限り、これらの楽しみで満足することができます。

 

好きな時に有休がとれる!とプラスに考えよう


最近疲仕事に疲れて有休をとりたいときにすぐにOKしてくれる上司は有難い存在です。有休をとった社員の穴埋めを、嫌な顔をせずに心よく受け入れてくれる上司にイライラすることはありません。

有給後仕事に戻る日にも、上司はもちろん他の同僚と気楽にレジュームできる環境で迎えてくれることに感謝しましょう。

 

いかがでしたか。できない上司についていくのは我慢が必要ですが、上司の個人的な性格を理解したり会社の待遇などそれぞれの美点を発見できればその不器用さをカバーすることができます。上司の仕事ぶりが悪くてもイライラすることはせずに、魅力的な部分を尊重しながら仕事をフォローし合いましょう。

職場のハーモニーを保つことは業務上欠かせないものです。部下にサポートされた上司も仕事がはかどりますし、会社の業績を上げる期待ができるでしょう。

 

まとめ

できない上司にイライラすることを止めるべき7つの理由

・仕事はおぼつかないけど、心は優しい
・部下のミスを責めないのは、上司が下手に出ているから
・部下を尊重する上司は貴重な存在、と改めよう
・社員に対する同等な扱いを求めよう
・上司の育った環境を聞き出してみよう
・会社の報酬・待遇が良いのが支え!ならば
・好きな時に有休がとれる!とプラスに考えよう