「嫌い」な事でも挑戦できるようになる7つの自己暗示

「嫌い」な事でも挑戦できるようになる7つの自己暗示

誰にでも嫌いな事ってありますよね。嫌だなと思いながら重い気持ちで我慢をしたり、避けたりとストレスを感じてしまいます。しかし、嫌いな事を克服しない限り、このストレスは消えません。嫌いな事に挑戦できる考え方があればそれは克服できます。

嫌いな事に挑戦できる力とは自己暗示です。自己暗示は文字の通り、自分に暗示をかける事です。自分に暗示なんてかけれるのかと疑問だと思います。実は人は自己暗示をかけながら日々生活しています。良い事も悪い事も自己暗示で人は動かされています。

何だか悪い方になりそうだな・・・。なんて事よくありませんか?これは、自分で嫌なイメージをしてしまい悪い事を考えている事でそちら方へ動いてしまうという無意識でしている自己暗示なのです。私たちは無意識で自己暗示をかけてしまっているので、良い考え方を意識的にする事で自己暗示をかける事ができます。

はじめのうちは、半信半疑ですが、何度も繰り返しているうちに、自然とできる様になり、嫌いな事が出てきたときに自己暗示で挑戦できる様になります。自己暗示ができるようになる方法をご紹介します。



 

「嫌い」な事でも挑戦できるようになる
7つの自己暗示

 

リラックスをしよう


緊張をしていては何も心に入ってきません。自己暗示はほんの少しの心の動きを敏感に察知し身体に作用します。緊張したままですと、意識が集中できないので、自分がリラックスしやすい環境を整えます。音楽やアロマなど自分が一番リラックスできる状態になります。

リラックス方法が分からない方は、クラシック音楽を聞いたり、手を上に伸はし、伸びをする様に全身に力を入れ、5秒ほど力を入れたら、力を一気に抜きます。リラックス状態になりますと、受け入れ態勢ができやすくなります。

はじめのうちはリラックスしておくとしやすくなります。そのうちしなくても自然にできるようになります。

 

イメージトレーニングをしよう


自分に暗示するにはイメージができないと暗示をかけれません。自分が成功できるイメージなどをしていかないといけませんが、はじめはそのイメージがしにくいので、イメージトレーニングをします。目を閉じてゆっくりと息を吸い3秒止めたら、ゆっくりと吐き出します。

これを5回繰り返します。そして目を閉じたまま、自分が空を飛んでいるイメージをします。寝る前に布団の中でもいいですので、イメージをして下さい。風船につかまって空を飛んだり、とても気持ちよく空を飛んでいるイメージをします。そして飛び終わったあと、あ~気持ちよかった~と口にだして言います。

 

催眠術師のようになろう


五円玉や五十円玉など穴の開いた物にヒモを通して結びます。ヒモの長さは20センチ程にしておきます。催眠術をかける時に目の前でユラユラと揺らすというのを見たことはありませんか?同じ様にヒモを手に持ち頭ほどの高さからお金をぶら下げます。

全く動かない様にさせます。お金が動かなくなったら、左右に動け。左右に動けと心の中で何回も何回も言います。しばらくするとお金は左右に動きはじめます。お金を静止させ、次は前後に動けと心の中で何度も言います。

しばらくするとお金は前後に動きます。これは、自分のイメージした事が脳に伝わり指先の神経を無意識で動かしています。何度も心の中で言う事で身体が反応しているのです。

 

何度も心で言い続けよう


自分のイメージした事で身体が動くという事が理解できればあとは簡単です。嫌な事を思い浮かべます。今までは「嫌だな」と思うと避けてきました。しかし、イメージトレーニングがきる様になっているので、「大丈夫」と何度も言います。

大丈夫、大丈夫、大丈夫、大丈夫と何度も何度も心で言います。小さくつぶやいてもいいです。すると、自然と挑戦しようとしている自分になります。何度も心で思い、心の中で叫ぶのがポイントです。ほんとに?なんて考えが少しでも入ってしまうと、すぐそちらに流され自己暗示はかかってしまいます。なので、何度も何度も言い続けます。

 

イメージをしよう


何度も言えるようになれば、更に怖いものなしに挑戦できる自分になる為に、成功する自分をイメージします。何度も言うというのは、自信がなくてもとりあえず唱える事で身体が動こうとします。更に自分を引き立たせるためには、イメージができるようになるとストレスを感じる事がなくなります。

挑戦をして成功するイメージを頭に思い浮かべます。はじめに空を飛ぶイメージトレーニングをした様に嫌な事に挑戦して成功している自分をイメージします。目をつむってイメージするとよりイメージしやすいです。

 

どんどん挑戦しよう


一度挑戦してうまくいくと自分にとても自信がもてます。何度か成功すると、嫌な事が出てきた時に、よし!挑戦するぞ!と楽しみになってきています。この頃には失敗したとしても、大丈夫、次はうまくやれると無意識に自己暗示をかけれるようになっています。

今までは嫌だなと思ったら、トレーニングをしていたので意識的に思い込もうとしていましたが、いつの間にか無意識で大丈夫!と自己暗示をかけてしまっている様になっています。ここまできたらもう大丈夫です。

嫌な事が出てきたとしてもストレスすら感じなくなっているでしょう。そして、挑戦したくなる自分に変わっています。今まで諦めていた人生と挑戦できる人生とかなり変わったと思いませんか。

 

なりたい自分になろう


嫌いというだけで、色んなことを今まで諦めてきたあなた。嫌いなことを挑戦できる様になったら、今まで諦めてきたことを書き出してみます。考えてもみなかった、なりたかった自分を思い描きます。今までは受身でした。

嫌いな事が現れたら挑戦するというスタイルでしたが、なりたい自分になるには、受身ではなく、自分から克服していきます。夢や目標を書き出し、なりたい自分に挑戦していきます。まずは夢や目標を書き出したら、そうなるにはどうしたらいいのかという事を考えます。

今では嫌いな事があれば諦めていましたが、挑戦できる様になっていますので、夢や目標にも向かっていける様になります。

 

今まで無意識で悪い様に考えてしまい自己暗示をかけてしまっていた事をお分かり頂けたと思います。人間は自分の考えで無意識に動いていたというのもお分かり頂けたと思います。今まで無意識にしていた事を意識的にする事で嫌いな事に挑戦できるようになります。

自己暗示は嫌いな事に挑戦するだけでなく、仕事や恋愛とさまざまな事に自信をもてるようになるので自己暗示は人生を変えてくれます。

 

まとめ

「嫌い」な事でも挑戦できるようになる7つの自己暗示

・リラックスをしよう
・イメージトレーニングをしよう
・催眠術師のようになろう
・何度も心で言い続けよう
・イメージをしよう
・どんどん挑戦しよう
・なりたい自分になろう