人生詰んだ!と思った時に参考になる起死回生6つのエピソード

人生詰んだ!と思った時に参考になる起死回生6つのエピソード

“捨てる神あれば拾う神あり”というように人生詰んだと思ったときでも救いの手はどこかしら差し伸べられるものです。一度きりの人生はキャリアや結婚などで個人の生き方を左右します。自分の可能性にチャレンジしてビッグになりたいと成功を夢見ることは素敵なことです。夢が大きいほどリスクも大きく失敗もつきものです。

人生詰んだと後悔しないためにもそれなりのベースを積み上げることがキーポイントです。健康にかかわる人生詰んだ結末も積極的に生きることで起死回生につながることが可能です。あきらめない意思と賢い頭を持つと同時に、周囲のコラボレーションも欠かせません。

それでもあなたが人生詰んだと悲観になったなら、ぜひここにご紹介する6つのエピソードで元気付けましょう!



 

人生詰んだ!と思った時に参考になる
起死回生6つのエピソード

 

膀胱ガンの治療にさしこんだ光


60歳の男性がある日、トイレで血尿を排出しました。膀胱ガンと判断され緊急入院で手術を行いました。重なる入退院と再発の手術で男性は人生詰んだ心境で心身ともに疲れていました。ふと病室の同じ病気の患者から「さるのこしかけ」という主に広葉樹林に発生するキノコの民間療法が抗癌に効くことをアドバイスしてくれました。

半信半疑で妻が購入しさっそくその煮汁を飲んだところ再発がなくなり、逆に止めたとたんすぐに再発してしまうほど効果のある天然薬でした。次回の検査でひっかかってしまったら、成功の確率が低い危険な手術を受けなければなく死の宣告を言われるようなものでした。すでに人生詰んだ男性は万が一のための葬式場も考えていました。

検査結果は奇跡的にパスしこの「さるのこしかけ」のお陰で発病から15年が過ぎた今も命の水として飲み続け再発防止をしています。

 

仕事なしの覚束ない新婚生活


若い20代後半のカップルが文通を通して電撃国際結婚をしました。日本とフランスの長距離で二人が会う時間もままならず結婚前にデートした回数は2回のみ。それでも強くつながれた二人の愛は預金なしの人生詰んだ結婚生活ことなど恐れない若さのパワーで彼女が婚約者としてフランスに到着してから6ヶ月後に婚姻しました。

しかし彼らには定職がなく夫はアルバイトで保険の集金を夜遅くまでしていました。家賃を払うのも親に頼ることもしばしばでした。3DKのアパートはベッドとキッチンが置かれているのみで物置き場のようにがらんとした部屋は彼らにとって多きすぎるだけでした。

結婚の現実を知り人生詰んだ二人が恋人生活に戻ろうかと考えた矢先、欧州では大切な存在である労働組合の仕事が、サークル活動で知り合いであった会員の定年退職でバトンタッチとして彼に紹介されました。最初の一年は試しの期間であったものの正社員としての道は確実でした。収入も安定し二人の新婚生活が新たな帆を張って出航できました。

 

受験に失敗、再トライで開花


当時18歳の高校生女子は英語が得意で他の教科を犠牲にしながらも英語のみに情熱をかけ専念していました。彼女の通う女子高は英語科が設置されていましたが、入学に要求される偏差値にいたらず普通科への進学を決めました。彼女の英語の知識は年々増え、業者テストでは英語科クラスを抜いたトップにまでなった好成績を収めました。大学は言うまでもなく英語のハイレベルの大学を狙って毎日励んで受験勉強をしていました。

しかし受験当日は緊張と共に今まで努力してきた成果が実らず受験に失敗。初めて人生詰んだことを実感しやる気と緊張感が緩み彼女は高熱を出してしまいました。浪人をするほどの意気込みはなく、とりあえず2年間英語の専門学校へと進路を変更しました。

一度人生詰んだ日を経験したにもかかわらず、専門学校へ通いつつも大学で学ぶ専門分野は比較にもならず、親の声援も得て卒業を終えた2年後に再び同じ大学を受験しました。落ち着いた姿勢で受験ができ手ごたえがあったように見事合格しました。現在彼女はヨーロッパ各地で国際業務をこなしているキャリアウーマンです。

 

叶わぬ愛への思わぬ結末


彼は28歳の気優しいパソコン技師でした。彼は15歳離れた弟の学校友達の母親に恋に落ちてしまいました。そもそも彼女と知り合いになったのも彼女が彼の母親と子供を通して友人になり頻繁に彼の家に訪問するようになったことがきっかけです。15歳の年齢差のある年上の既婚女性への片思いは人生詰んだ結果が見えそうでした。そんなデリケートな男の心境に気づいたのか彼女のパソコンがトラブルにあうと彼を呼び寄せるようになりました。

そんな関係が2~3年続き、ある日彼は彼女にひそかな思いを遠まわしに伝えました。彼女は彼のささやかな愛の告白に気づかず彼は人生詰んだ衝撃を受け、失恋の穴埋めとして女友達を作り夜遊びをするようになりました。疲れを知る間もなく走り続けながら、その場限りで終わるうわべだけの楽しみを繰り返し、彼の心を本当に満たす彼女への思いを募っていました。そんなうやむやな態度に彼の女友達は気づき彼から次第に離れて行っていきました。

さらなる彼の人生詰んだショックは隠しきれず、落ち込んでいる彼の本心を悟った彼女は彼に3つのラブソングを彼の親を経由して渡しました。彼は後に“I LOVE YOU”のハンドジェスチャーを彼女の手をとり伝えもう一度告白しなおしました。

ある秋の晩に、彼の口からこぼれた“疲れたから今晩は出かけない”という言葉は、彼女への愛に辿りついた長い旅のピリオドでした。

 

無人島での孤独な漂浪


アメリカ人M氏は配達業務に携わっていました。情熱的に仕事に専念し、タイへの出張後は婚約者との結婚を予定していました。プレゼントされた彼女の写真と共に業者ジェットに乗り込んだM氏は移動中の思わぬ機内トラブルに巻き込まれジェットは太平洋に墜落してしまいました。幸運なことにM氏は唯一の生存者でしたが、辿りついたところは無人島でした。

孤独な漂浪生活が始まり、人生詰んだ毎日を猟や果実で飢えを凌いでいました。南国の島に頻繁に襲う台風から身を守る場所は小さな洞窟でした。時には病気になり、怪我をするたびに祖国で彼を待っている婚約者の写真を見ながら人生詰んだと嘆いていました。幾度か通り過ぎる船の光を見てはSOSを無意味に送っていましたが無駄なことでした。流れ着いたジェットの破片を継ぎ合わせて筏で島を脱出しようと試みましたが、太平洋の高い波には逆らうことができませんでした。

しかし何度かのコツを覚えたチャレンジの後、波を越えることができ太平洋沖へ逃れることができました。筏の上で過ごした夜は人生詰んだ思いで一杯でした。波に揺られてあきらめていた矢先、幸運にも筏に寝そべった彼のそばをコンテイナー船が通り彼の命を救うことができました。

M氏は後に生きることのすばらしさを実感し日常茶飯事に起こる小さなことにも感謝して人生を再スタートしました。

 

頑固なアトピーとの闘い


ハーフのジェラルド君は生まれて間もなく頻繁に現れる皮膚炎に悩まされました。赤い発疹や顔に集中して出始め、母親は心配して皮膚科を訪れました。アトピーと診断され、一生このアレルギーをこの子が背負っていくと思うと母親は人生詰んだ心境になり、家庭内の治療と共に親の不安が付きまといました。食物アレルギー診断や血液検査を繰り返し1歳にも満たないジェラルド君にはつらい時期でした。

卵や小麦粉がアレルギー反応を起こすため、グルテン抜きの厳しい食物制限が3年ほど続きました。母親は不確かな希望を信じながら医師のアドバイス受け治療を続けました。症状の良し悪しはコントロールできずただ悪化しないように食品に気をつけ抑えるだけでした。かゆみの強いアトピーに耐えられず引っかきながらなんども出血をしその姿は母親の心を引き裂いていました。

唯一悲観にならずにジェラルド君に前向きに対応する医師は、少しずつ普通食にトライするように指示しました。最初はいきなり頭部に2cmほどのできものがボコボコ突然現れ、母親は再度人生詰んだ気分になりましたが、医師の言うように成長と共にこのアレルギーは自然に消えていきました。

今では大好きなピザやお菓子をほおばるように食べジェラルド君はたくましく育っています。

 

いかがでしたでしょうか。人生詰んだと思ったらそこに立ち止まらず希望を捨てないように前向きでいることが大切です。どんな周囲のサポートも人生詰んだ生活を緩和し心の支えとなります。がんばって自分から立ち上がり開拓することをベースにゼロから始め、絶望から這い上がりましょう。

出口のないトンネルはありません。個人によって抜け出すのは時間がかかるかも知れませんが希望を持って立ち向かいましょう。

 

まとめ

人生詰んだ!と思った時に参考になる起死回生6つのエピソード

・膀胱ガンの治療にさしこんだ光
・仕事なしの覚束ない新婚生活
・受験に失敗、再トライで開花
・叶わぬ愛への思わぬ結末
・無人島での孤独な漂浪
・頑固なアトピーとの闘い