ネイルを自分でする時、利き手でない手でも上手に塗る7つのコツ

ネイルを自分でする時、利き手でない手でも上手に塗る7つのコツ

女性のおしゃれは爪の先の細かいところまで行き届いているとその美しさはいっそう増して見えるものです。しかし毎回毎回ネイルサロンに行くのは経済的にとっても大変。

シンプルでもセルフネイルで安価にきれいにできれば、女性的にはそれがいちばん望ましいものです。しかしセルフネイルをする時にだれもが通過する壁。「利き手じゃないほうで気利き手にネイルするのは大変!」ということです。

そこで今回は自分でネイルをするときに訊き手じゃない方の手でもきれいにネイルを施すためのポイントを各ステップごとにご紹介します。



 

ネイルを自分でする時、
利き手でない手でも上手に塗る7つのコツ

 

ポイント1:準備はOK? ネイル前の基本のケアこそ重要ポイント


ネイルをするのにまず重要なことは基本の爪がしっかり綺麗でないと色が定着しないということです。

爪切り、やすりで爪の形をしっかり整えたら甘皮とルーズスキンを処理し、余計な粉を落として除光液を含ませたコットンで爪を拭きます。甘皮はボウルにお湯をためて爪を浸しふやかしていくとやわらかくなりはがれやすくなります。

基本のケアですとそこからオイルをつけますが、ネイル前は油分もしっかり拭き取ってしまわないとネイルが定着しないので避けておきましょう。

 

ポイント2:まずはしっかり固定


塗り進めるときは塗られるほうの手をしっかり固定します。手のひらを広げてテーブルにべたっとつけてしまってもよいですし、肘からテーブルにつけてしまってもよいかもしれません。

人によってはテニスボールや化粧水の瓶などまるいものを握って指先を固定する方もいる様です。自分に合った方法を見つけましょう。

 

ポイント3:基本は「動きやすいほうから」


塗り始めるときは利き手の小指のほうから塗り始めていきましょう。利き手ではない方から塗り進めると、いざ次に利き手に塗らなければならないとき、動きにくい手がさらに動きにくくなってしまいます。利き手であれば多少不自由でも気にせず次の手に塗る方へ取り掛かれます。

また塗り始めの集中力が続いているうちに塗りにくいほうの手でブラシを使うことを済ませてしまうというのもねらいのひとつです。

 

ポイント4:変な体勢になることも?


筆づかいはまっすぐにしたほうがやりやすいのか、それとも斜めや真横に見た方がやりやすいのか、人によって差があります。ですから自分にとってやりやすい角度を見つけることも、利き手でないほうを使ってでもきれいにネイルを塗り進められる大きなポイントです。

自分が文字を書く時を思い出してみてください。上からまっすぐに見た方がやりやすいのか、それともノートに対して少し斜めから向かいあった方がきれいな字を書きやすいか、人によって違いがあるようにネイルも同じです。

最初はあっちこっち体の向きを変えたりしておかしな体勢になるかもしれませんが、何度か試行錯誤しているうちに自分のいちばんいい角度を見つけられるはずです。

 

ポイント5:液の量とブラシワークをしっかり確認


瓶から取り出したばかりの筆にはマニキュア液がたっぷりついています。その時に爪の端から塗り始めるともちろん、ほぼ100%はみ出します。

利き手でないほうで塗ると尚更、慣れないうちは筆先が震えますので大きくはみ出して仕上がりのラインが撚れてしまいます。筆遣いは中→左右です。根元から爪の先まで、線を引くようにひと息にすっと塗り上げます。

 

ポイント6:ゆっくり時間をかけて丁寧に


一度にたっぷりしっかり塗るのではなく、まずは薄めに、ハケ後を気にせず塗り、5分ほどおいたところで2度目はしっかり液をつけて色を重ねていきます。こうすることで発色が良くなります。いちばん最初からたっぷり塗りすぎては、表面上は乾いていても中は液状のままで乾かず、よれてしまう原因になります。

また、欲張って3度、4度と重ねてしまうと逆に厚塗りになり、こちらもいくら時間をおいても乾かずよれてしまう原因になりますので重ね付けはできれば2度塗りまででとどめておくようにしましょう。

 

ポイント7:きれいに見せる色遣いも重要


やはり利き手でないほうの手でブラシを上手に扱う一番のコツは慣れ。とにかく練習あるのみです。慣れないうちは複雑なデザインで爪を彩ることは避け、マットに色づくネイルカラーを選んで塗ることもきれいに仕上げる大切なポイントです。

回数を重ねていくうちに利き手でないほうでも上手にブラシを運ぶことができるようになっていきます!

 

利き手でないほうの手を使って利き手にネイルを施すというのは、プロのネイリストでも修行中に必ず1度は通る道なのだそうです。まずは焦らず丁寧に。そこからだんだんとデザインや色遣いなど様々な事が出来るようになりますし、いつの間にか慣れてきてブラシワークも滑らかになっていきます。

おしゃれの1歩先を目指して、各ポイントをおさえて少しずつ練習していきましょう!

 

まとめ

ネイルを自分でする時、利き手でない手でも上手に塗る7つのコツ

ポイント1:準備はOK? ネイル前の基本のケアこそ重要ポイント
ポイント2:まずはしっかり固定
ポイント3:基本は「動きやすいほうから」
ポイント4:変な体勢になることも?
ポイント5:液の量とブラシワークをしっかり確認
ポイント6:ゆっくり時間をかけて丁寧に
ポイント7:きれいに見せる色遣いも重要