ペたんこ靴でよくある悩み、足の疲れを解消する7つの履き方

ペたんこ靴でよくある悩み、足の疲れを解消する7つの履き方

最近街中でもよく履いている方を見かける、ぺたんこ靴はたくさん歩くときなどにとっても楽です。ヒールがある靴も女性らしさがあって素敵ですが、ぺたんこ靴もガチガチすぎるファッションに程よい抜け感をだすのにぴったりなアイテムですよね。

一昔前よりも、ファッションアイテムとして定着しているため、そのバリエーションやデザインも豊富で選ぶのが楽しいものです。

しかし、一見おしゃれで楽そうに見えるぺたんこ靴、履いていると意外と疲れるなーと感じることはありませんか。ヒールに慣れている方は特にそう思われるかと思います。あれ?楽だったはずでは…とちょっと疑問に感じてしまいます。

そこで本記事では、「ペたんこ靴でよくある悩み、足の疲れを解消する7つの履き方」をご紹介します。

最近ぺたんこ靴を履き始めたけど、なぜか足が疲れるという方や、どうしてもぺたんこ靴を履いた時の全体のシルエットが気になるという方など、その悩み別に履き方をご紹介していきすので、ぜひ今後の参考にしてくださいね。



 

ペたんこ靴でよくある悩み、
足の疲れを解消する7つの履き方

 

その1:インソールを入れて履く


ぺたんこ靴は、インソールに土踏まずなどをサポートするためのアーチクッションが入っていません。そのため、歩いた時に足への衝撃がダイレクトに伝わりやすくなります。

履いていると疲れると感じるのはこの衝撃のせいでしょう。そのようなときはドラッグストアなどで販売されている、インソールを入れてみましょう。

低反発のものや、ジェル状のものなどが衝撃を吸収してくれて、足への疲れを防いでくれるのでおすすめですよ。

 

その2:足首を動かすことを意識する


ヒールを普段から履いている方は、特にぺたんこ靴を突然履き始めると足が疲れるという方が多いです。ヒールを履いていると足のアキレス腱が収縮している状態になります。

しかし、ぺたんこの靴はアキレス腱が常に伸びた状態にあります。アキレス腱が伸びっぱなしになっていると、足が疲れるだけではなく、身体の血流が悪くなり冷えなどの原因になってしまうのです。

そのため、ぺたんこ靴を履くときはなるべく足首を動かして、アキレス腱が収縮していることを意識しましょう。

 

その3:座った時は足を組まない


ぺたんこ靴を履いていると、前述でもご説明した足へのダイレクトな衝撃、アキレス腱への負担により足が疲れむくみやすくなります。そして、ついついしてしまうのが、座っている時に足を組んでしまうことです。

足を組むことにより、私達の下半身の血流は悪くなるといわれています。

血流が悪くなると足のむくみにつながるので、座っているときはできるだけ足を組まないようにしましょうね。

 

その4:サイズは必ず合ったものを履く


ぺたんこだったら少しくらい大きめでも大丈夫だろうと、サイズが合っていないものを履いていらっしゃる方をたまにみかけます。しかし、サイズが大きすぎたり小さすぎたり、足のサイズに合っていないと正しく歩くことができず、姿勢が悪くなってしまいます。

足のむくみや疲れにもつながってしまいます。

そのため、サイズはご自身にピッタリなものを選びましょう。

 

その5:ひざの裏を伸ばす


ヒールの靴を履いていると、重心が前方になるため常に膝が伸びた状態になります。しかし、ぺたんこ靴をはいていると、重心が前方へいかないため、ひざが曲がってしまうことがあります。

鏡の前で横から確認してみましょう。ひざが曲がっていると、全体のシルエットのバランスが崩れます。

スタイル良くみせるためにも、ひざの裏はしっかりと伸ばしましょうね。

 

その6:猫背にならないよう意識する


ぺたんこ靴だと、どうしても脚長効果をだすのはヒールよりも難しいところです。しかし、猫背だけは気をつけてください。猫背になると、お尻が突き出た状態になるため、スタイルが崩れてみえてしまいます。

背筋を伸ばし、お尻をきゅっとするようなイメージを少し意識してみてください。

ぺたんこ靴を履いていても素敵なシルエットになりますよ。

 

その7:重心をしっかりと意識する


ぺたんこ靴は楽であるため、歩くときもついつい意識せずに楽な歩き方をしてしまいます。そのとき、もし重心が片側に偏っているようであれば直す必要があります。

重心が偏っていると、足は疲れて姿勢は悪くなり足が曲がってしまうことがあるようです。また腰にも負担がかかります。そのため、なるべく正しい重心で歩くようにしましょう。

靴の裏を見て、極端に片方の靴底が磨り減っていたら重心が偏っている証拠ですよ。

 

以上が、「ペたんこ靴でよくある悩み、足の疲れを解消する7つの履き方」です。一見楽なように見えて、ぺたんこ靴はぺたんこ靴なりに、足が疲れたりシルエットが崩れて見えてしまう場合もあります。

しかし、今回ご紹介したちょっとした履き方を取り入れると、足への疲れが軽減され、スタイルが良く見えるはずです。

本記事を参考に、少しでも足への負担を減らしぺたんこ靴を毎日のコーディネートに取り入れてくださいね。

 

まとめ

ペたんこ靴でよくある悩み、足の疲れを解消する7つの履き方

その1:インソールを入れて履く
その2:足首を動かすことを意識する
その3:座った時は足を組まない
その4:サイズは必ず合ったものを履く
その5:ひざの裏を伸ばす
その6:猫背にならないよう意識する
その7:重心をしっかりと意識する