職場の人間関係を円滑にする人が行う、さりげない気遣い術

 職場の人間関係を円滑にする人が行う、さりげない気遣い術

職場の悩みは人間関係が8割です。そのため、職場の人間関係が円滑であれば気持ちよく働くことができます。人が集まる場所では、人から好かれる人とそうでない人がいます。人から好かれる人は、共通する振る舞いをしているものです。

このような人はどこでも生きていくことができ、得な生き方と言えるでしょう。また、嫌われてしまう人にも特徴があります。自分勝手な人や自己主張の強すぎる人、人の悪口を言う人や仕事に対して誠実ではない人などは敵を作ってしまったり、敬遠されるようになってしまいます。

そうなってしまうと働きづらくなり、ひどい場合はいじめられてしまうことにもつながりかねません。そうならないために、職場の人間関係を円滑にする方法を紹介します。



 

職場の人間関係を円滑にする人が行う、
さりげない気遣い術

 

同じ職場の人を気遣う言葉をかけよう


特に女性は、気遣ってもらえると喜びます。プライベートな話を含め、以前に聞いた話から言葉をかけてあげましょう。例えば、子供の話や体調の話などが代表的なものとなります。「大丈夫だった?」や「どうだった?」と声をかけてあげると、心配してくれていると相手は思ってくれます。

プライベートな部分に深入りしすぎると問題が起こる場合があるので注意が必要ですが、他者が自ら話した内容からキャッチして、用いてください。会話のコミュニケーションから人間関係を作れるのです。

 

「いつもありがとうございます」と言おう


感謝の言葉を言われて嫌な気分になる人はいません。「ありがとう」や「助かります」など、感謝をしっかりと言葉にするようにしましょう。他者との関わりの中で生じた気持ちは、そのまま印象として残ります。

そのため、感謝の言葉からポジティブな気持ちになることで、良い印象を持ってもらうことができるのです。仕事中は忙しいことが多いので、ついつい雑なやり取りになりがちです。人間関係を作り上げるために、丁寧な対応を心がけましょう。

 

常に笑顔でいよう


最も有効なコミュニケーションツールは、笑顔です。笑顔は他者に伝染します。誰かが笑顔でいると、周りにいる人も自然と笑顔になるものです。接客業に従事している人は、常に笑顔でいると思います。

それは、笑顔を伝染させるためにそうしているのです。これは職場内においても有効な手段となります。もちろん、誰か怒っている時など、場の空気が悪い時は笑顔でいると浮いてしまうのでやめたほうがいいですが、そうでない時には常に笑顔でいるように心がけましょう。

 

人の悪口や仕事の愚痴を言わないでいよう


悪口を言う人は、自分も言われてしまいます。人の悪口を聞いていて、心から気分のいい人はそうそういないものです。そのため、人の悪口を聞いていると、ネガティブな印象を持つようになります。

仕事の愚痴に関しても同じことです。悪口や愚痴ばかり言っていると、ネガティブな印象を持たれてしまうので、その印象がそのまま残ってしまいます。そうならないように気をつけましょう。

 

他の人の仕事がやりやすいように配慮しよう


仕事は、他者との領域が被っていたり、直接引き継ぐことが多くあります。そのため、他者が仕事を行いやすいように配慮してあげることが大切です。人間は、自分が損をすることを嫌う生き物です。

そのため、自分がやりづらいとネガティブな印象を持ってしまうのです。ネガティブな印象を残させないように、きっちりとした仕事を心がけるとともに、他者に配慮するようにしましょう。

 

周りの人が困っていたら協力しよう


困っている時に助けてもらえると、人は感謝します。そのようなポジティブな印象を一度持ってもらえると、その印象がそのまま残るだけではなく、自分が困った時に助けてもらえるようになります。

持ちつ持たれつという言葉の通り、助け合いながら働くことができるようになります。その状態に持っていくためには、自分から協力する、助けることが重要です。そうすることで、人間関係を作っていくことができるのです。

 

自分の仕事をきちんと丁寧に行おう


自分の仕事をきっちり行っていると、周りの人は『仕事がきれい』という印象を持ってくれます。そうすることで、仕事に対して真面目な人だと思ってもらえます。職場の人間関係を円滑にするためには、仕事に対する姿勢が求められます。

仕事中は、他者の仕事ぶりを見ているものです。仕事に対して誠実な姿勢を持っていれば、他者から評価してもらえます。それがポジティブな印象につながるので、心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。職場の人間関係を円滑にするためには、いかに他者からポジティブな印象を持ってもらえるかという点に尽きます。それが他者からの評価に直結するので、意識的に心がける必要があります。特に、働き始めは他者からの注目度が高いので、その重要度は更に高まります。

つまり、働き始めの頃に他者からの評価を得られれば、しっかりと人間関係を構築することにつながり、働きやすい状態にもっていくことができます。
是非参考にしてみてください。

 

まとめ

職場の人間関係を円滑にする人が行う、さりげない気遣い術

・同じ職場の人を気遣う言葉をかけよう
・「いつもありがとうございます」と言おう
・常に笑顔でいよう
・人の悪口や仕事の愚痴を言わないようにしよう
・他の人の仕事がやりやすいように配慮しよう
・周りの人が困っていたら協力しよう
・自分の仕事をきちんと丁寧に行おう