身長差カップル☆自分より背が低い彼に好かれる7つの方法

身長差カップル☆自分より背が低い彼に好かれる7つの方法

彼氏にするなら背が高くて自分を守ってくれるような人がいいな~、というのはちょっと少し前の時代の話のようで、今や女性にとって男性を好きになる時に「身長が高い、低い」というのは重要な項目ではないみたいですね。

昔よりだいぶ女性の平均身長が高くなっていることもありますし、少し背が高めの女性がヒールのある靴を履いた時には、男性と同じくらいの身長もしくは男性より背が高くなってしまうことなんて、よくあることなのかもしれません。街を歩いていても珍しいことではないので、見かけても気にならないほどです。

しかし背の高い女性も背が低めの男性も、全く気にならないと言ったら嘘になるようでやっぱりちょっと気にしています。それが好きな人だった場合にはけっこう気になるようです。でも、愛は身長には負けません!ほんの少しのお互いの気配りとテクニックで、身長差があっても仲良くラブラブなカップルはたくさんいるのです。ここでは女性目線で、身長差があっても彼と上手くいく、彼に好かれるための7つの方法をまとめてみました。



 

身長差カップル☆
背が低い彼に好かれる7つの方法

 

基本のき、ぺたんこ靴


まずはすぐにでもできる方法として、彼との身長差が気になるのであればやはり高いヒール靴は極力さけた方がいいかもしれません。

普段から自分の背の高さを気にしてもともとあまりヒールのある靴を履かないという人も多いかもしれませんが、身長差のある彼とのデートの時はぺたんこ靴が効果的です☆高身長のモデルのような彼女を求めている彼だとしたら例外ではありますが、身長差を埋めるだけではなく、顔も近づいて、2人の気持ちもさらに急接近できる効果も期待できます。

ぺたんこ靴はデザインも種類も豊富ですからおしゃれにも問題なしです!彼がこんな配慮にふと気づいた時には、さりげない優しさにますます好きになってくれるかもしれません。

 

お母さんのように。安心感と包容力


自分より大きな女性に対して、男性はどこか母親の様な安心感や包容力を感じる人が多いようです。子供の頃はみんなお母さんといつも一緒で、どんな時も守ってくれる頼もしい大きな存在でしたよね。大きくなっても女性はお母さんと一緒に買物をしたり旅行にいったり色々お出かけしますし、また、恋愛の相談だってするという人も少なくありません。

しかし男性は本当の気持ちとは裏腹に、大きくなるにつれてお母さんと出かけることが少なくなったり自分のことを話したりしなくなる傾向があります。本当は甘えたい気持ちがあってもそれを抑えている結果、彼女にお母さんのような安心感や包容力を求めてしまうのかもしれません。

彼女にお母さんの要素を求められるのはちょっと…と思うかもしれませんが、付き合うなら自然が一番。男性の一番自然な姿をあなたにさらけ出してくれているんだと思ったら、それってけっこう凄いことですよね!これも1つの武器だと思って、彼が甘えたい時にはお母さんのような母性でいつも暖かく包み込んであげましょう。

 

平成男子は守るより守られたい?逆に平成女子は母性で守りたい?!


草食系男子&肉食系女子という言葉がすっかり定着したように、最近の若い平成男子は女性を引っ張っていきたいというよりも女性に引っ張ってほしい人が多くなっているようです。逆に女性は男性に主導権を握られるより自分が引っ張っていくほうが楽だという人が多いようで、ひと昔前とは男女の役割が逆になってきているのかもしれません。

でも、それもまたバランスが取れているといえばそうなのかも?!この図にもピッタリはまるのが身長差カップル。もしかしたら身長差カップルが多いのは時代の流れとしては当然の結果なのかもしれないですね。

守られたいと思う男性は、自分よりも体の大きい女性を頼もしく感じ、自然と惹かれやすい傾向があるので、もちろん身長だけで人を好きになることはないと思いますが、少なからず要素として0ではなさそうです。一方で女性はもともと母性本能がありますから、守ってあげたいという想いは持っているものです。

それに加えて肉食系女子であれば、自分がぐいぐい引っ張って自分のペースで彼を引き込んでいくはずです。女性の強さと男性の頼りなさに目がいってしまいがちですが、意外といいバランスが取れていると思いませんか?

 

女子が冷静になれる!喧嘩も少ないかも


人間は身長が同じくらいだと、お互いに相手と優劣を競いたくなってしまう傾向があります。そうなると小さなことから大きな喧嘩につながったりしやすくなるのかもしれません。しかしもし身長差があると問題解決です。

上手く役割分担ができてバランスがとれるので、喧嘩になりそうな時もどちらかがちゃんと冷静になれたりと、大きな喧嘩になりづらいようです。ただし性格にもよりますからこの限りではありませんが、身長差カップルではやはり大きい人の方がちょっと強く威圧的に見えてしまったりするので、女性のほうから謝ったり、冷静に対応したり、自分から喧嘩を仕掛けるようなことはしないなど、大人な対応を心がけたいところです。

もし男性が怒り始めた時にも、なだめる側にまわったりすることが大切です。どんなカップルにも共通することではありますが、自然とこのような役割ができやすいのが身長差カップルの特権のようですね。

 

段差やイスを利用するのは効果的☆


身長差カップルでやはり多い悩みは、外を歩いている時に感じるみんなの視線だそうです。本人達は身長差なんて気にせずお互いが好きで一緒にいるのですからそんなに身長に注目されたくないですし、周りの人も見ていないつもりでも、もし街で身長差カップルを見かけたらどうしても視線がいってしまうというだけのことのようですが、それが原因でデート中ぎくしゃくしてしまうようなことは嫌ですよね。

そんな時にフル活用したいのが段差やイスです。例えば映画館デートや、カフェデートなんかも座っている時間が多くなるので良いですよね。公園でのんびりまったりゴロゴロするのもおすすめです。またテーマパークなどは他のカップルも楽しむことに夢中であまりまわりを気にしなくなるのであまり視線を感じることがないかも。

さらにアトラクションは座って乗るタイプがおおいのでそれもポイントですね。少し考えただけでもたくさん出てきますから、まだまだ色々なスポットがありそうです。2人で一緒に技ありオリジナルデートプランを計画するのも楽しいかもしれませんね。

 

お決まりのやりとりを楽しもう!


身長の高い女の子に男の子が言う決まり文句「おまえ、また背のびたんじゃないの?」「あいかわらずでかいなー」。見知らぬ人や、そんなに仲良くない友達に言われたら、ちょっとイラッとしてしまうような言葉も、彼に言われたらこれはもう愛情表現です☆男性はどうも好きな人には自分の気持ちとは裏腹に、好きな気持ちと逆の言葉が出てきてしまうようなのです。

好きな子に構ってほしいのだそうです。それならそう言えば良いのに照れ隠しなのでしょうが、ストレートな言葉の方が女性は嬉しいですよね。でもそこはひとつ我慢して大人の対応、とまではいきませんが、身長の低い男子に女の子が言う決まり文句「うるさいな、チビ」「あれ?どこにいるかわかんなかったー」などなど、丁重にお言葉をお返ししましょう。

こんなやりとりを楽しめるのも身長差カップルならでは。思いっきり楽しんじゃいましょう。度が過ぎると喧嘩になりかねませんが、こんなこと他の人とは楽しめませんよね。仲がいいからこそです。何でも楽しんで仲を深めていきましょう!

 

偉そうな態度に気をつけて!口調も目線も


先ほども述べましたが、身長差があるとどうしても身長の高い方の態度が大きく見えたり、口調が強く感じたり、目線も上なので、身長の低い方は見下されているような気持ちになることがあるようです。

身長差カップルにおいては初めから好きな気持ちがあって一緒にいるのですから、こんなことはないかもしれませんが、付き合いが長くなっていけばいくほど相手の色々な面が見えたり、喧嘩をしたりして2人の関係が危うくなる場面だってあるかもしれません。

いつまでも仲良しでいるために日頃から気をつけたいことは、どちらかというと背の高い方の女性が気配りをすることです。できるだけ目線を彼に合わせるように考えたり、歩く時の歩幅も彼にあわせたり、些細なことでいいのです。わざとらしくするのではなく、歩幅が合うように手をつないで歩いたり、話をするときや顔を見合わせるとき、少しかがんだり、横から覗き込むように首を傾けるのもいいかもしれません。どんなカップルにも共通ですがお互いを思いあってこそ、いつまでも仲良くいられるものですよね。

 

いかがでしたか。今付き合っている彼が自分より背が低いという人の中には、日頃から実践している人もいるかもしれません。また片思いの彼が自分より背が低いという人はぜひ両想いになるヒントになれば嬉しいです。とはいっても人の魅力は身長や外見だけではなく、大切なのはやっぱり内面ですよね。

ここでご紹介した7つのことは、身長差に限らずともどんな彼と付き合う時にも忘れてはいけない「思いやり」のほんの一例だと思います。身長差が壁になることなく、みなさんの恋が上手くいくことを願っています。

 

まとめ

身長差カップル☆背が低い彼に好かれる7つの方法

・基本のき、ぺたんこ靴
・お母さんのように。安心感と包容力
・平成男子は守るより守られたい?逆に平成女子は母性で守りたい?!
・女子が冷静になれる!喧嘩も少ないかも
・段差やイスを利用するのは効果的☆
・お決まりのやりとりは楽しもう!
・偉そうな態度に気をつけて!口調も目線も