あなたが「痩せたいのに痩せない」その7つの本当の理由

あなたが「痩せたいのに痩せない」その7つの本当の理由

痩せたいのに痩せない。友達と一緒に始めたダイエットも、なぜか自分だけが効果が出ていないなんてことはありませんか?日々色々なダイエットを試しているのに、体重を量っても減らないし、服のサイズも中々変わるものではありません。

食事量を減らしたところで、数日後や生理の周期によって、ドカ食いしてしまって振り出しに戻ることも多いでしょう。どうにも続けられないダイエットに迷っているところにも、周りでは短期間で見事にダイエットを成功させられる人もいて、つい嫌味の一つも言いたくなってしまいます。

ですが、本来ならばそんな暇も労力も無いはずです。自分のダイエットはどうして成功しないのか?しっかり考える必要があります。上手くダイエットができないのには理由があります。これから紹介する7つの症状が当てはまったら、自分のダイエットを見直してください。



 

あなたが「痩せたいのに痩せない」
その7つの本当の理由

 

水分は体質に合わせてコントロールしましょう


「一日○リットルの水を飲んで、代謝をあげましょう」などの言葉に踊らされて、むくみやすい体質にもかかわらず、水分を沢山とっている方もいるのではないでしょうか。むくむ体質の人のほうが太りやすいのです。

過度な水分をとってしまうと血行が悪くなり、新陳代謝も返って悪くなってしまいます。水分は食事でも知らない間に多くとっていますし、オフィスワークでお茶やコーヒーなどを飲みながら仕事をしていれば、一日に必要な水分量はオーバーしてしまいます。汗を多くかく季節以外は、むくみやすい体質の方は少し控える程度が丁度いいようです。

 

極端な制限は反動を起こしたり、吸収しやすい身体にしてしまいます


○時まで食べない、今日はこれしか食べないなど、食べないことにこだわって空腹時間を長くしてしまうと、次に食べ物を口にした時、我慢していた分だけブレーキがきかず空腹以上に食べてしまったり、食物の吸収力が高くなってしまいます。

美味しいものは沢山食べたいというのは人間の本能なので、我慢しすぎると思わぬ反動がでてしまうものです。ダイエットに我慢は必要ですが、大きい一つの我慢より、小さい我慢の積み重ねが重要です。丸ごと我慢するのではなく、量を減らすなど少しの我慢で済むようにしましょう。

 

流行のダイエットばかりに注目せず、効果のあるものを探しましょう


食事制限のダイエットや、マッサージやながらダイエットなど、テレビや雑誌では流行のようにダイエットが紹介されます。中には、数年前に流行ったダイエットが再び注目を浴びているかのように書かれることも。

ダイエットは自分の身体に関わる事です。流行が自分の身体に合わせてくれるわけではありません。目新しいものを試してみても、体質の違いから効果が出る人もいれば、効果が出ない人も確かにいます。ダイエットをするなら、流行に乗るよりも自分に近い体質の人をお手本として自分に効果のでるダイエットを継続しましょう。

 

体重やウエストサイズなど、数字にこだわり過ぎるのはダイエットの妨げに


ダイエットと言えば、単純に考えると体重を落とすことと思いがちです。ですが、トレーニングなどを取り入れてダイエットをすれば筋肉がつき、筋肉は脂肪より重いので体重は思うように減りません。むしろ、体重が増えてしまうこともあります。

体重だけを気にしているダイエットであれば、脂肪は減ってもそのことには気づかず、体重が増えたからといってトレーニングをストップしてしまいます。数字にこだわってしまうと、この様にせっかくのダイエットにブレーキをかけかねません。

また、身体のサイズにしても、痩せやすい場所には個人差があるため、一箇所にこだわりすぎると他が痩せてきているのに気づけないこともあります。ダイエットは長い先にある結果なので、目の前の数字だけにこだわらず、全体的に、長期的に捉えて進めましょう。

 

ダイエットを続けるには人目を気にしてはいけません


女性同士ではダイエットをしているだけで、良く思われなかったり、嫉妬などから茶化されたりすることがあります。協力してくれる人たちよりも、足を引っ張ろうとする人のほうが多いと思いましょう。周りに干渉されたくないからと、ダイエットをしていることを隠そうとしても、毎日の食事や生活習慣のことなので、他人の行動に敏感な女性陣に気づかれないわけがありません。

カロリーを気にせず食べても太らないのが理想ではありますが、そんな人間は空想上の生き物だと思ってください。周りの目を気にして食べる量を減らせないようでは、一生かかってもダイエットはできません。批判の目を跳ね返すような強い気持ちで自分の態度は貫きましょう。

 

自分へのご褒美は、本当に成し遂げた時だけに必要です


ダイエットで挫折する人の中には、頑張ったからといって、すぐに自分へのご褒美をあげる人がいます。そういう人を観察すると、事あるごとに、色々な方法で自分へのご褒美をあげてしまいます。食べ物だけでなく、買い物をしたり、家事や仕事で少し楽をしてみようとしたり。

実は、そのような意思の弱さがダイエットの妨げになっているのです。長く続ける事でも相当な努力が必要です。そういう自分に甘い人は、少し厳しすぎるくらいのダイエットをしないと痩せる事はできないでしょう。

 

ダイエットは辛いもの。運動以外の方法をしようとしても上手く痩せられません


ダイエットには摂取カロリーを抑えることや、マッサージや飲むだけのドリンクなど楽チンな方法が日々ネットなどで紹介されていますが、カロリーは消費することが一番です。カロリー消費には運動です。

何とか楽をしてダイエットしてやろうとしても、今まで長年溜め込んだ脂肪を燃やすのが、そんなに楽なわけはありません。運動は、慣れていない人にはとても辛いものですが、ある程度の覚悟を決めて励みましょう。

 

これだけ情報が多い社会だと、人間はつい、気が多くなって色々なダイエット法を試してみようとしてしまいます。ですが、まずは諦めてください。痩せるためには食事制限することと、運動しかありません。いくら楽な方法を考えようとも、楽なものには効果がでにくいことや、個人差があるなど、理由があるのです。

色々手を広げすぎて、頑張っているように思えても、実は自分の足を引っ張っているなんてこともあるのではないでしょうか?また、小さな気の緩みや決意の弱さからダイエットを成功させられない人も沢山います。周りや情報に流されず、自分なりのダイエットを継続して成功させるには並大抵の努力では叶いません。でも、一度成功すれば、その先にはとても美しい未来が待っているはずです。

 

まとめ

あなたが「痩せたいのに痩せない」その7つの本当の理由

・水分は体質に合わせてコントロールしましょう
・極端な制限は反動を起こしたり、吸収しやすい身体にしてしまいます
・流行のダイエットばかりに注目せず、効果のあるものを探しましょう
・体重やウエストサイズなど、数字にこだわり過ぎるのはダイエットの妨げに
・ダイエットを続けるには人目を気にしてはいけません
・自分へのご褒美は、本当に成し遂げた時だけに必要です
・ダイエットは辛いもの。運動以外の方法をしようとしても上手く痩せられません